代表理事あいさつ

河合正弘

ERINA は、1993年の設立以来、北東アジアの経済発展と経済協力の強化にむけて、この地域における経済動向の調査研究と経済交流の促進活動に取り組んで参りました。とくに中国の東北地域、ロシアの極東地域、モンゴル、韓国、北朝鮮に焦点を当て、日本及びこれら諸国・地域の間の経済的な相互依存関係や貿易・投資連携、インフラ・エネルギー・環境協力の意義を重視してきました。

私は、本年4月にERINAの代表理事・所長に就任しましたが、先輩方が築いてこられた、これまでの活動をさらに発展・強化していく所存です。とくに、北東アジアの平和と安定のための経済的な基盤の拡大に寄与していきたいと考えています。

具体的には、北東アジア地域のみならず世界のシンクタンクとの国際共同研究に積極的に取り組み、「北東アジア経済発展国際会議」や各種の国際シンポジウム・セミナーなどの開催を通じて、北東アジア各国・地域や米国、欧州、他のアジア太平洋諸国との間で、現状認識や政策分析について論議を深めていきます。それらの研究成果を、ERINA REPORT、Northeast Asian Economic Reviewなどの定期刊行物、ERINA北東アジア研究叢書、英文での商業出版社を通じた編著書、さらにはホームページにおいて、逐次発表していく予定です。また、「シンク・アンド・ドゥ・タンク」としても、研究成果を具体化させる目線から活動していくつもりです。その一環として、日本と北東アジア諸国・地域との間の経済交流を促進するために、特に地方企業のビジネス展開を支援して参ります。

このホームページを通じて、北東アジアに関する多くの情報や知見に接していただき、ERINA の活動にご理解とご支援をいただければ幸甚です。

2016年7月
公益財団法人環日本海経済研究所代表理事
河合正弘