対外経済相率いる北朝鮮代表団が東方経済フォーラム出席か

2017年09月13日

エリナのささやき

佳子様が留学に向かわれたイギリスやフランスでは、2040年までにガソリン車の新車販売を禁止する方針を打ち出したそうです。中国も同じ方向を目指しています。日本の自動車産業や石油産業も、これから大きく変わっていかざるを得ないようです。▼パリの街によく似合うルノーのEX車「TWIZY」(↓)。華奢だし、スピードは出ないし、日本での常用向きとは思えないけれど、かわいい♡。▼今日と明日の海外ビジネス情報は、先週「東方経済フォーラム」が開かれたウラジオストクから、さまざまなニュースをお届けします。きょうは、北朝鮮に関連する話題です。

海外ビジネス情報

 

◇対外経済相率いる北朝鮮代表団が東方経済フォーラム出席か

金英才(キム・ヨンジェ)北朝鮮対外経済相が東方経済フォーラム(EEF)に出席する北朝鮮代表団の団長を務めることを、駐北朝鮮ロシア大使館が伝えている。

「アレクサンドル・ミナエフ駐北朝鮮ロシア代理大使が9月4日、平壌国際空港で、第3回東方経済フォーラムに出席するためにウラジオストクに出発する金英才・北朝鮮対外経済相率いる政府代表団を見送った」と、ロシア大使館のフェイスブックに書き込まれている。

EEF組織委員会はこれまでに、北朝鮮代表団がウラジオストクに到着したと報じている。それによると、北朝鮮代表団の日程には、まず、アレクサンドル・ガルシカ極東開発省との会談が入っていた。

第3回東方経済フォーラムは9月6~7日、ウラジオストクで開催され、50カ国余りから3500以上が出席する。プーチン大統領がEEF-2017に出席するほか、VIPの中には日本の安倍晋三首相、韓国の文在寅大統領も含まれている。(リア通信9月5日)

 

◇沿海地方と北朝鮮を結ぶフェリーの運航が中断

ロシアのウラジオストクと北朝鮮の羅津を結ぶフェリーの運航が、シーステーション側との契約の欠如が原因で中断していると、運航会社のウラジミル・バラノフ社長はリア通信に語った。

「現時点で、フェリーは運航をストップしており、北朝鮮の羅津港に停泊中だ。8月24日、クラスノダールからのロシア人観光客13名が錨地で12時間足止めされた。現時点で、ウラジオストク・シーステーション側と9月のスケジュールは調整されていない」と、バラノフ社長は話した。バラノフ社長によれば、運航会社はステーションとの契約締結にこぎつけていない。また、シーステーション側のコメントは得られていない。

北朝鮮とロシアを結ぶフェリーは2017年5月に運航を開始。ロシア人観光客はウラジオストクから船で北朝鮮に行くことができた。また、フェリーはウラジオストクに琿春から中国人観光客を連れて来るほか、北朝鮮人労働者を故郷に運んでいた。(リア通信9月5日)