• /
  • /
  • /
  • 4月21日(木)にERINA北東アジア研究叢書11「大国のなかの地域経済-アメリカ・中国・日本・EU・ロシア」出版記念Webセミナー「事例から考える中規模都市の成長-コペンハーゲン、福岡、中国・合肥-」を開催します。

4月21日(木)にERINA北東アジア研究叢書11「大国のなかの地域経済-アメリカ・中国・日本・EU・ロシア」出版記念Webセミナー「事例から考える中規模都市の成長-コペンハーゲン、福岡、中国・合肥-」を開催します。

2022年03月24日|セミナー&イベント

※申込受付は終了しました。

ERINA北東アジア研究叢書11
「大国のなかの地域経済-アメリカ・中国・日本・EU・ロシア」出版記念Webセミナー

事例から考える中規模都市の成長
-コペンハーゲン、福岡、中国・合肥-

ERINAは2022年2月、第11巻目となるERINA北東アジア研究叢書「大国のなかの地域経済-アメリカ・中国・日本・EU・ロシア」を発刊しました。大国の中規模都市は大都市圏やグローバル化する世界経済のなかでいかに発展してきたかを分析し、米中日欧露を比較検討したものです。

今回のセミナーでは叢書の中から、地域経済の中心になっているコペンハーゲン、福岡、中国・合肥の事例を紹介します。

Zoomでの開催となります。PC、タブレット等でご視聴いただけます。どうぞ、ご参加ください。

日時 2022年4月21日(木)13:00-14:30
主催 ERINA
協力 日本評論社
開催方式 ZoomによるWebセミナー
参加費 無料
特典 セミナーに参加申込いただいた方は、「ERINA北東アジア研究叢書11」を割引価格4,516円(税・送料込)で購入することができます。別途連絡いたします。

 

プログラム
1. 発刊の主旨
新潟県立大学国際地域学部准教授 穆尭芊
2. 「EUの都市問題とエネルギー戦略-デンマーク・コペンハーゲン」
明治大学政治経済学部専任講師 倉地真太郎
3. 「東京一極集中への対応を迫られる日本-活力あるアジアの拠点都市へと変貌する福岡」
立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部教授 久保隆行
4. 「地域一体化を目指す中国-長江デルタとの連携を進める安徽省」
専修大学経済学部教授 徐一睿
5. 総括コメント
ERINA調査研究部長・主任研究員 新井洋史
6. 質疑・応答

 

講師紹介
穆尭芊
新潟県立大学国際地域学部准教授
1978年生まれ。2008年に北海道大学経済学博士号を取得。ERINA経済交流部研究員、調査研究部研究主任を歴任。2018年にテネシー大学客員研究員。2020年に新潟県立大学に赴任し、2022年より現職。専門は地域・都市経済、開発経済、中国経済。
倉地真太郎
明治大学政治経済学部専任講師
1989年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2016年4月から慶應義塾経済学部助教、後藤・安田記念東京都市研究所研究員(旧・東京市政調査会)を経て、2019年4月より現職。専攻は財政学、専門分野は北欧・デンマークの財政。
久保隆行
立命館アジア太平洋大学(APU)教授/アジア太平洋学部副学部長
博士(経済学・中央大学)、修士(建築学・コーネル大学)、一級建築士。明治大学公共政策大学院兼任講師。専門は都市・地域計画、都市・地域政策、都市・地域経済。著書に『都市・地域のグローバル競争戦略』(時事通信社)、共著書に『東京飛ばしの地方創生』(時事通信社)、『インバウンド地方創生』(ディスカヴァー21)、『東京の未来戦略』(東洋経済新報社)、など。
徐一睿
専修大学経済学部教授
1978年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得(経済学博士)。慶應義塾経済学部助教、嘉悦大学経営経済学部講師、専修大学経済学部准教授を経て、2021年4月より現職。専攻は財政学、中国経済。
新井洋史
ERINA調査研究部長・主任研究員
新潟県出身。東京大学大学院修士課程修了、新潟県庁入庁。ロシア極東でのロシア語研修などの後、ERINAへの出向を経て、移籍。主な研究関心は、ロシア極東地域開発政策、北東アジアの交通・エネルギーインフラ協力、日本海及びユーラシア大陸の国際物流など。北東アジア天然ガス・パイプラインフォーラム事務局長などを務める。

 

問合せ先 ERINA企画・広報部 高井/平野
TEL:025-290-5545