「2021北東アジア経済発展国際会議(NICE)・日露エネルギー・環境対話」 の開催について

2021年01月26日

ERINA(公益財団法人環日本海経済研究所、代表理事・河合正弘)は、新潟県、新潟市と共催で『変容する世界-ウィズコロナ社会と北東アジア経済』をテーマに「2021北東アジア経済発展国際会議(NICE)イン新潟・日露エネルギー・環境対話イン新潟」を開催しています。

今年は、テーマ別に1月22日から3月10日まで、4回にわたり開催しています。

サード・ステージは、北東アジア各国の専門家と政府関係者がエネルギー政策の進展・現状を報告し課題を議論しつつ、エネルギー安全保障とパリ協定の目標達成の観点から地域協力を探ります。

事前報道、当日取材にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

1.サード・ステージ概要

第12回 日露エネルギー・環境対話イン新潟
― パリ協定と北東アジアのエネルギー安全保障

    • 日時
      2月3日(水)14:00-17:30
    • 開催方法
      オンライン(Zoom)
    • テーマ
      「変容するグローバルサプライチェーン」
    • 内容
      基調講演:
      (公財)地球環境戦略研究機関(ICES)
      気候変動とエネルギー領域ディレクター 田村堅太郎 氏
      パネルディスカッション:
      (独法)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
      調査部(併)ロシアグループ担当調査役 原田大輔 氏
      新潟県産業労働部産業振興課長 田中健人 氏
      ほか中国、韓国、モンゴル、ロシアから専門家、政府関係者が参加

2.今後の予定

ファイナル・ステージ 3月10日(水)13:00-18:00
「変容する世界―ウイズコロナ社会と北東アジア経済」(朱鷺メッセ・オンライン)

3.主催

NICE実行委員会(新潟県、新潟市、ERINA)