平成29年度

 

北東アジア地域協力の課題と展望

北東アジアの構造改革と地域内協力

事業内容 北東アジアの各国経済の専門家と所内研究者らとの議論を通じ、日本、中国、韓国は人口の高齢化・少子化の中での労働生産性の向上、資源国であるロシア、モンゴルのアジア地域に資源輸出拡大と経済の多角化、北朝鮮での市場経済化と経済開放・改革といった課題を浮き彫りにした。その上で、北東アジア地域における観光、貿易・投資、インフラ連結性の面での経済協力の方向と可能性を示した。
催事・調査
  • 第1回所内研究会(2017年6月1日 新潟市)
  • 第2回所内研究会(2017年7月26日 新潟市)
    講師:金炳椽(ソウル国立大学経済学部教授)
  • 国際ワークショップ開催(2017年9月13-14日 東京都)
    「北東アジアの構造改革と地域協力」

    発表者
    バリー・ボズワース(ブルッキングス研究所シニアフェロー)
    バトナサン・ナムスライ(モンゴル国立大学ビジネススクール教授)
    宋錦(中国社会科学院世界経済・政治研究所経済発展室准教授)
    金炳椽(ソウル国立大学経済学部教授)
    李鐘和(高麗大学校アジア問題研究所長)
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    新井洋史(ERINA 調査研究部長・主任研究員)
    エンクバヤル・シャクダル(ERINA 主任研究員)
    討論者
    ピーター・モーガン (アジア開発銀行研究所(ADBI)シニアコンサルティングエコノミスト)
    齋藤潤(国際基督教大学客員教授)
    丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)
    深川由起子(早稲田大学大学院政治学研究科教授)
    浦田秀次郎(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    エンクバヤル・シャクダル(ERINA 主任研究員)
    三村光弘(ERINA 主任研究員)
  • 東京大学GSDM プラットフォームセミナー開催(2017年9月14日 東京都)
    「北東アジアにおける経済見通しと経済協力の可能性」

    基調講演
    高原明生(東京大学公共政策大学院教授)
    モデレーター
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    パネリスト
    バリー・ボズワース(ブルッキングス研究所シニアフェロー)
    宋錦(中国社会科学院世界経済・政治研究所経済発展室准教授)
    李鍾和(高麗大学アジア問題研究所長)
    金炳椽(ソウル国立大学経済学部教授)
    バトナサン・ナムスライ(モンゴル国立大学ビジネススクール教授)
    高原明生(東京大学公共政策大学院教授)
    新井洋史(ERINA 調査研究部長・主任研究員)
    三村光弘(ERINA 主任研究員)
  • 国際ワークショップ開催(2018年1月29日 新潟市)
    「北東アジアの経済統合に向けて」

    発表者
    ピーター・ペトリ(米ブランダイス大学教授)
    竹中愛子(アジア開発銀行(ADB)経済調査・協力部エコノミスト)
    奥田敦子(国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)ICT 開発部長)
    トゥグルドル・バージーフー( 大図們江イニシアチブ (GTI) 事務局長)
    柴崎隆一(東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻准教授)
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    澤田康幸(アジア開発銀行(ADB)チーフエコノミスト)
    討論者
    深川由起子(早稲田大学大学院政治学研究科教授)
    安藤研一(静岡大学人文社会科学部教授)
    ナム・サンヤール(韓国情報戦略開発研究所研究員)
    ドルジスレン・ナンジン(モンゴル安全保障戦略研究所長)
    董春嬌(北京交通大学交通輸送学部教授)
    鷲見周久(国際通貨基金アジア太平洋地域事務所長)
講演・発表
  • KAWAI Masahiro. “President Donald Trump’s Economic Policy: Implications for Asia.” Newspim, 6th Seoul Economic Forum, “Age of Trump and Global Economic Prospects: Implications for Korea, China and Japan,” Seoul, April 12, 2017.
  • 河合正弘、「世界経済の変貌と北東アジア」、ERINA地域セミナー、新潟市、2017年4月18日
  • KAWAI Masahiro. ”Infrastructure Connectivity in Northeast Asia.” UNESCAP, High-Level Dialogue on Regional Economic Cooperation for Enhancing Sustainable Development in Asia and the Pacific, Bangkok, April 21-22, 2017.
  • KAWAI Masahiro. Lecture series “International Finance in the 21st Century.” Graduate School of Economics, Jilin University, Changchun, April 24-28, 2017.
  • 河合正弘、「世界金融危機後のアジア経済と経済統合」、吉林大学経済学院、長春、2017年4月24日
  • 河合正弘、「日中韓経済の国際相互依存と経済協力の可能性」(International interdependence among the CJK economies and possibilities for economic cooperation)、吉林大学中日経済共同研究センター、長春、2017年4月25日
  • 河合正弘、「トランプ米新政権の経済政策と日中韓経済」(President Trump’s Economic Policy and Implications for China, Japan, ROK)、吉林大学東北アジア研究院、長春、2017年4月26日
  •  KAWAI Masahiro. “RMB Internationalization.” In Central Bank Roundtable, “Change of the International Monetary System and Its Impact on Sino-European Economic and Trade Development,” Shanghai Forum, Fudan University, Shanghai, May 27, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Asian Economic Challenges in the Post-GFC Era.” Seminar on Economic Policies, Policy Research Institute, Japan’s Ministry of Finance, Tokyo, May 30, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “International interdependence among the CJK economies and possibilities for economic cooperation.” Campus Asia Program, University of Tokyo, Tokyo, June 7, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Japan and Emerging Asia.” Senior Executive Program, Competency-based Development Program for Thai Senior Civil Servants, hosted by the Office of the Civil Service Commission (OCSC) and organized by National Institute of Development Administration (NIDA) in partnership with faculty members of Graduate School of Public Policy, University of Tokyo, Tokyo, June 12, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “World Economy: Prospects and Risks.” Korea University, Seoul, June 13, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “International interdependence among the CJK economies and prospects for economic cooperation.” In “Belt and Road International Forum for Heilongjiang Comprehensive Revitalization,” Heilongjiang Provincial Academy of Social Sciences, Harbin, June 15, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “RMB Internationalization and the Belt and Road Initiative.” International conference, “Global Economic Governance in the Wake of Globalization and Anti-globalization,” China Foreign Affairs University, Beijing, June 16, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Future of the Regional & Global Trading System: An Asian Perspective.” In International Economy and Finance, “Social Design and Global Leadership,” University of Tokyo, Tokyo, June 17, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “CJK Financial Cooperation.” In Japan-Korea Joint Research Project, “Exploring a Model for Northeast Asian Cooperation,” Future Consensus Institute (Yeosijae) and Asian Growth Research Institute, Seoul, June 19, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Prospects for CJK Economic Cooperation.” In Trilateral Economic Symposium, “Globalization at a Crossroads and Prospects for Trilateral Economic Cooperation,” Co-sponsored by Japan Forum on International Relations (JFIR) and Trilateral Cooperation Secretariat (TCS), Tokyo, June 22, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Economic Challenges in the Post-GFC Era: Central Asia and the Caucasus.” Central Asia and the Caucasus Seminar, Policy Research Institute, Japan’s Ministry of Finance, Tokyo, August 7, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “CJK Financial Cooperation.” International Seminar on “Northeast Asian Economic Community and City-to-City Cooperation,” Future Consensus Institute (Yeosijae), Yangyang, Gangwon-do, August 31- September 2, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Belt and Road Initiative: A Japanese Perspective.” 17th Japan Macro Forum, J.P. Morgan, Tokyo, September 8, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “International Trade and the New World Order: A View from Japan.” 14th Asia Europe Economic Forum, “Prospects for Asia-Europe Economic Cooperation in a New World Order,” Seoul, September 20- 21, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Growth Challenges and Economic Cooperation in Northeast Asia.” 8th NEAR International Forum, “Deepening production capacity, promoting regional development: International cooperation of production capacity in the Northeast Asia Region,” The Association of North East Asia Regional Governments (NEAR), Zhangjiajie, Hunan Province, September 26, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Belt and Road Initiative: A Japan’s Perspective.” Professional Luncheon, Foreign Correspondents’ Club of Japan, Tokyo, September 29, 2017.
  • 河合正弘、「日本のアジア経済統合政策:TPP、RCEP、『一帯一路』構想」、第19回愛知大学孔子学院公開講演会 『中国の「一帯一路」計画と日本のアジア経済統合政策』、名古屋、2017年9月30日
  • KAWAI Masahiro. “アジア共同体講座-Prospects of the Asia community formation in the XXI century,” Far Eastern Institute for International Relations, Khabarovsk, October 9, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “The Global and Asian Trading System: A Japanese Perspective.” Asia Global Fellows Program, Asia Global Institute, University of Hong Kong, Hong Kong, October 12, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “CJK Financial Cooperation: Implications for East Asia and Beyond.” International Workshop on “Economic and Financial Cooperation in East Asia: A China-Japan Dialogue,” IIMA, IEFI-MOF, and ADBI, Tokyo, November 2, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “The Role of Mega Regional FTAs in the Age of Uncertainty.” Second Ministerial Conference on Regional Economic Cooperation and Integration, UNESCAP and ADB, Bangkok, November 21-23, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Growth Challenges and Infrastructure Connectivity in Northeast Asia.” International Seminar, “Logistics and Regional Development Strategies for East Sea (Sea of Japan) Rim and Eurasia,” The Korea Maritime Institute, Busan, November 28, 2017.
  • 河合正弘、「中国の『一帯一路』構想」、国際アジア共同体学会『日中45周年「一帯一路」』、東京、2017年11月30日
  • KAWAI Masahiro. “Capital Flows and Exchange Rates: An Asian Perspective.” Eminent persons Group “Programme of the Symposium on Global Financial Governance,” Frankfurt, December 4-5, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Role of CMIM and AMRO: Promoting regional financial stability.” 2017 ASEAN+3 Financial Forum, “Adapting to a Changing World,” AMRO, Asahikawa, December 11, 2017.
  • 河合正弘、「日中経済協力」、第13回東京-北京フォーラム『経済分科会:自由貿易とグローバリゼーションの未来:日中両国が果たすべき役割』、北京、2017年12月16日
  • KAWAI Masahiro. “Global Governance and Private Standards: Credit Rating Agencies.” The 95th GSDM Platform Seminar, International Symposium on “Private Standards and Global Governance: Possibilities and Challenges,” GSDM, University of Tokyo, Tokyo, January 15, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Managing Financial Openness in Emerging Asia.” Japan-IMF Macroeconomic Seminar for Asia 2018, National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS), Tokyo, February 27, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Asian Bond Market Development.” CAG-KGRI Workshop, Singapore, March 5, 2018.
論文・報告書
担当 河合正弘代表理事・所長
新井洋史調査研究部長・主任研究員
エンクバヤル・シャクダル主任研究員
中島朋義主任研究員
三村光弘主任研究員
穆尭芊研究主任
志田仁完研究主任
南川高範研究員

ページの先頭へ

北東アジア輸送回廊整備の現状と課題/北東アジアにおける複合一貫輸送の展開

事業内容 中国東北地方の黒龍江省や吉林省発着でロシア沿海地方経由の複合一貫輸送サービスに注目し、これら複合一貫輸送実現による地域構造変化の可能性や、輸送回廊整備におけるソフト面改善の重要性などを、国内外の国際会議での発表や業界誌への寄稿等を通じて産学官の各層に訴えた。
催事・調査
  • 大図們江イニシアチブ(GTI)諮問委員会参加(2017年6月29-30日 モスクワ)
  • 現地調査(2017年7月28日-8月11日 ロシア・カザフスタン・キルギス・ウズベキスタン・タジキスタン)
  • 現地調査(2017年12月10-16日 ウラジオストク)
講演・発表
  • ARAI Hirofumi. “A Quarter Century of Regional Cooperation in Northeast Asia.” East Sea Rim International Symposium 2017, Pohang, July 13, 2017.
  • 新井洋史、「ロシア極東の物流事情」、アジア物流研究会『第24回アジア物流研究会』、東京都、2017年7月22日
  • 新井洋史、「中国東北部・ロシア極東の経済情勢について」、新潟県主催『第3回日本海横断航路のあり方検討委員会』、新潟市、2017年9月4日
  • ARAI Hirofumi. “Strategic Position of Primorye in Changing Geography in Northeast Asia.” Business-Dialog of Artyom City District Development, Artyom, October 10, 2017.
  • ARAI Hirofumi. “Positioning of the Land Bridge Transport across the Eurasian Continent.” Far Eastern State Transport University, Panel Discussion “Role of Transport in the Economic Development Strategy of the Asia-Pacific countries,” Khabarovsk, October 27, 2017.
  • ARAI Hirofumi. “Multimodal Transport in Northeast Asia -Opportunities and Challenges-.” International Association for Transport Universities in Asia-Pacific Countries (IASTU APC) and Korea National University of Transportation, The 10th International Symposium for Transportation Universities in Europe and Asia, Seoul, November 1, 2017.
  • ARAI Hirofumi. “Multimodal Transport in Northeast Asia -Opportunities and Challenges-.” Chungcheongnam-do, 3rd Pan-Yellow Sea Forum, Gongju, November 2-3, 2017.
  • KAWAI Masahiro. “Growth Challenges and Infrastructure Connectivity in Northeast Asia.” KMI, 1st International Forum: Logistics and Regional Development Strategies for East Sea (Sea of Japan) Rim and Eurasia, Busan, November 28, 2017.
  • ARAI Hirofumi. “Japan’s Engagements in Japan Sea Multimodal Transport.” KMI, 1st International Forum: Logistics and Regional Development Strategies for East Sea (Sea of Japan) Rim and Eurasia, Busan, November 28, 2017.
  • ARAI Hirofumi. “Infrastructure Connectivity in Northeast Asia.” Spatial Research in the Far East of Russia: Problems, Results, Prospects. Khabarovsk, December 5, 2017.
  • 新井洋史、「北東アジアの物流動向について」、北陸地方整備局『平成29年度北陸地域国際物流戦略チーム幹事会』、新潟市、2018年3月15日
論文・報告書
関連する受託事業 【一般財団法人国際臨海開発研究センター(OCDI)】
「ロシア港湾及び国内輸送インフラ網の現況に係る基礎的資料の収集整理業務」
ア極東港湾の港湾運営、整備構想、国内輸送インフラ網の整備状況、穀物生産お
よび輸送の現況に係る基礎的資料の収集整理を行った。
【新潟県】
「中国東北部・ロシア極東地域の経済状況等の分析業務」
日本海横断航路のあり方検討のため、中国吉林省、黒龍江省およびロシア沿海地方、ハバロフスク地方の一般経済状況、市場、貿易等の動向分析を行った。
担当 新井洋史調査研究部長・主任研究員
中村俊彦企画・広報部長
蔡聖錫経済交流推進員

ページの先頭へ

パリ協定の下での北東アジアのエネルギー協力

事業内容 国連気候変動会議の関連行事として、他地域の専門機関等との共催による国際ワークショップを開催し、北東アジアにおける地域協力の必要性、可能性に関する議論を深めた。また、国際NGOである北東アジア天然ガス・パイプラインフォーラムの事務局として、メンバー間の情報交換を図った。
催事・調査
  • 北東アジア天然ガス・パイプラインフォーラム(NAGPF)理事会(2017年8月24日 モスクワ)
    ※事務局として企画運営を担当
  • 国連気候変動会議(COP23)の枠内における関連行事実施
    ERINA, Green Economics Institute (GEI), Coalition for Our Common Future (COCF), Seoul International Law Academy (SILA) and Water Safety Initiative Foundation (WASIF) Joint Session
    “Innovations in Green Investment and Economic Structures for 2 tonnes of carbon per capita by 2022”, Bonn, November 15, 2017.

    発表者
    BATJARGAL Zamba (National Focal Point for UNFCCC, IPCC, GCF)
    SAFONOV Georgy (Director, Center for Environmental and Natural Resource Economics, National Research University, Higher School of Economics)
    ENKHBAYAR Shagdar (Senior Research Fellow, ERINA)
    Others
講演・発表
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Mitigation of Climate Change: The Breakthrough to Come from Northeast Asia.” Ministry of Foreign Affairs of Mongolia and Institute for Strategic Studies, 「北東アジアの安全保障に関するウランバートル対話第4回国際会議」、ウランバートル、2017年6月16日
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Opportunities for Low-Carbon Energy Cooperation in Northeast Asia (NEA).” Energy Systems Institute, Siberian Branch of Russian Academy of Sciences (ESI SB RAS) and UNESCAP, Joint Conference of Northeast Asia Regional Power Interconnection, Irkutsk, August 29-30, 2017.
  • 新井洋史、「北東アジア各国の天然ガス事情-NAGPFにおける議論よりー」、石油天然ガス・金属鉱物資源機構 『第3回「ロシア・中央アジア投資環境調査」研究会』、東京、2017年9月19日
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Opportunities for Deep Decarbonization of the Northeast Asian Economies.” The Green Economics Institute, The Global Carbon Budget and Global Investment, Universitätsclub, Bonn, November 14, 2017.
  • SAFONOV Georgy, “Decarbonization Challenges: Central and Northeast Asia Perspectives.” The Green Economics Institute, The Global Carbon Budget and Global Investment, Universitätsclub, Bonn, November 14, 2017.
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Mitigation of Climate Change: The Breakthrough to Come from Northeast Asia.” ERINA, GEI, COCF, SILA and WASIF, Innovations in Green Investment and Economic Structures for 2 tonnes of carbon per capita by 2022 (in COP23, UNFCCC), Bonn, November 15, 2017.
  • SAFONOV Georgy. “Decarbonization Challenges: Central and Northeast Asia Perspectives”, The Green Economics Institute, ERINA (Japan) and others from the ROK, Mongolia, Nigeria and Sweden, Innovations in Green Investment and Economic Structures for 2 tonnes of carbon per capita by 2022 (in COP23, UNFCCC), Bonn, November 15, 2017.
  • BATJARGAL Zamba, “Green Development and Renewable Energy in Mongolia.” The Green Economics Institute, ERINA (Japan) and others from the ROK, Mongolia, Nigeria and Sweden, Innovations in Green Investment and Economic Structures for 2 tonnes of carbon per capita by 2022, (in COP23, UNFCCC), Bonn, November 15, 2017.
  • 新井洋史、「北東アジアガス・パイプラインフォーラム(NAGPF) モスクワ会議報告」、日本プロジェクト産業協議会『第7回天然ガスインフラ整備・活用委員会』、東京、2017年11月20日
論文・報告書
担当 新井洋史調査研究部長・主任研究員
エンクバヤル・シャクダル主任研究員
南川高範研究員

 ページの先頭へ

アジア太平洋地域の経済統合と北東アジア

事業内容 米国が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱を表明するなど、地域の経済統合を巡る情勢が変化する中で、北東アジア諸国の政策動向を把握した。また、国際貿易分析プロジェクト(GTAP)モデルを用いて、北東アジア自由貿易協定(FTA)など、想定される経済統合の枠組みが地域各国に便益をもたらしうることを示した。
講演・発表
  • NAKAJIMA Tomoyoshi. “Economic Interdependence in Northeast Asia.” GTI Economic Cooperation Forum and NAPA 2017, Donghae, September 4, 2017.
  • NAKAJIMA Tomoyoshi. “Economic Interdependence in Northeast Asia.” 16th E-Trade International Forum, Seoul, November 10, 2017.
  • NAKAJIMA Tomoyoshi. “Economic Interdependence in Northeast Asia.” The 4th International Conference on Korea Trade (ICKT) 2017 and the 11th International Triangle Symposium (ITS) 2017, Daejeon, November 10, 2017.
  • NAKAJIMA Tomoyoshi. “Economic Interdependence in Northeast Asia.” 6th ERINA Workshop “Regional Integration and Trade Policy,” Ulaanbaatar, December 15, 2017.
論文・報告書
担当 中島朋義主任研究員

  ページの先頭へ

北東アジアの知的基盤整備

事業内容 北東アジアのビジネス環境改善に寄与するよう、北東アジアの移行経済国の経済改革と対外開放を担う人材育成を進めることを目的とし、当事者を交えた研究会を開催した。
催事・調査
  • キャパシティビルディング研究会(2017年12月9日-14日 瀋陽)
その他の受託事業
  • 【北京市科学技術研究院・北京科学学研究センター】
    「日本における研究開発とイノベーション政策の実行状況」
    日本のイノベーション政策について、現在に至るまでの経緯と、現状の把握について調査を行った。
担当 三村光弘主任研究員

ページの先頭へ

北東アジア各国経済の分析

中国の地域経済と地域政策

事業内容 共同研究員の参加を得て運営している「中国地域経済研究会」において、中国の地域経済についての多面的な分析を行った。その結果として、「一帯一路」は中国の地域開発政策としての側面を持つことを指摘し、「長江経済帯」、「京津冀協同発展」とともに、地域経済の一体化を促して生産要素の自由な移動と効率的な配置を促進する政策であることを示した。また、人民元の国際化と資本移動規制に関する研究に着手した。
催事・調査
  • 「ERINA中国地域経済研究会」開催
    第1回研究会(2017年6月23日 新潟市
    報告者:岡本信広(大東文化大学国際関係学部教授)
    「What matters in Urbanization of China?」
    第2回研究会(2017年9月18日 川崎市)
    報告者:徐一睿(専修大学経済学部准教授)
    「都市インフラとPPP」
    第3回研究会(2017年12月1日 新潟市)
    報告者:李光龍(安徽大学経済学院院長・教授)
    「安徽省の経済発展と未来展望」
    報告者:斉美東(安徽大学経済学院教授)
    「戦略的新興産業の融資問題と安徽省の対策」
    第4回研究会(2018年2月1日 東京都)
    報告者:吴昊(吉林大学東北アジア研究院副院長・教授)
    「中国東北衰退の原因分析」
    報告者:候力(吉林大学東北アジア研究院准教授)
    「中国都市化の成果と問題」
    第5回研究会(2018年3月8-9日 山中湖村
    「一帯一路の中国国内の地域経済への影響」について
  • 「ERINA・吉林大学東北アジア研究院学術交流研究会」開催(2017年7月19日 新潟市)
    報告者:李紅梅(吉林大学東北アジア研究院准教授)
    「国際物流インフラ事業における日本企業の取り組みと課題」
    報告者:徐博(吉林大学東北アジア研究院講師)
    「成長と衰退:国際都市収縮の問題研究及び中国への示唆」
  • 「ERINA学術交流研究会:北東アジアの地域間経済連携と国際協力」開催(2017年10月20日 新潟市)
    報告者:高超(ハルビン市発展研究センター主任)
    「ハルビン市対北東アジアおよび対日協力に関して」
  • ERINA所内セミナー「遼寧省における対日経済貿易協力の新しい展開-遼寧自由貿易試験区を中心として-」 (2017年11月17日 新潟市)
    講師:秦兵(遼寧社会科学院副研究員、ERINA招聘外国人研究員)
  • ERINA所内セミナー「環境ビジネスと中国東北地方への進出」(2017年12月12日 新潟市)
    講師:及川英明(株式会社ACROSS JAPAN代表取締役)
  • 現地調査
    2017年4月 長春、北京
    2017年7月 ハルビン、綏化、大慶
    2017年8月 延辺朝鮮族自治州、北京
    2017年10月 揚州、南京、滁州
    2017年11月 北京
講演・発表
  • 南川高範、「中国遼寧省現地価格調査報告-当該地域に空間補完を適用する際の困難」、地域経済経営ネットワーク研究センター『第2回研究会』、札幌市、2017年6月16日
  • 南川高範、「需給の空間的構造を考慮したVARモデルによる遼寧省経済停滞要因の考察」、アジア政経学会『春季大会』、東京都、2017年6月24日
  • 穆尭芋、「地方中小企業の海外展開と人材確保」、『事業創造大学院大学講義』、新潟市、2017年10月10日
  • 穆尭芋、「中国地域経済の構造変化と政策展望」、アジア物流研究会『第25回アジア物流研究会』、新潟市、2017年10月14日
  • 穆尭芋、「転換する中国経済~新たなステージの可能性と課題」、『新潟東港コンテナターミナル現地視察セミナー』、新潟市、2017年10月18日
  • 穆尭芋「地方中小企業における外国人留学生の人材確保と定着要因」、『新潟県立大学講義』、新潟市、2017年10月26日
  • 穆尭芋、「転換する中国経済~新たなステージの可能性と課題」、『NAZE近隣企業見学会』、新潟市、2017年11月1日
  • 穆尭芋、「中国経済の現況と地域経済の構造変化」、『新潟県立大学講義』、新潟市、2017年11月2日
  • 穆尭芋、「中国における地域経済一体化:政策と進展」、島根県立大学『日中経済統計国際会議(2017)』、浜田市、2017年11月12日
  • 穆尭芋、「中国地域経済の最新事情と一帯一路の影響」、『中国自主ゼミナール』、新潟市、2017年11月20日
  • 穆尭芋、「新興国経済~中国の地域経済と各地方の様相」、『事業創造大学院大学講義』、新潟市、2018年1月30日
  • 穆尭芋、「中国地域経済の変化と『一帯一路』」、『環日本海懇談会幹事会2018年3月例会』、新潟市、2018年3月14日
論文・報告書

※その他、「北東アジア動向分析」「北東アジア経済データブック」の中国部分

担当 穆尭芊研究主任
南川高範研究員

  ページの先頭へ

ロシア極東地域の経済発展

事業内容 極東における特区制度(先行発展区およびウラジオストク自由港)では、進出企業が増加するなど、順調に制度運用が進んでいる実態が確認できた。また、2015年の企業調査データの詳細分析により、ロシア東部地域は、企業の組織、経営等の面で必ずしも特殊な地域ではないことが明らかになってきた。
催事・調査
  • 第2回比較経済学世界大会におけるセッション企画・運営:“Enterprise Structure and Market Institutions of the Russian Far East: From Market Quality Analysis through Views of Company Management” and “Business Operations in the Russian Far East: From Market Quality Analysis through Views of Company Management” St. Petersburg, June 15-16, 2017.
  • ハバロフスク地方訪ロ研修参加(2017年10月1-8日 ハバロフスク)
講演・発表
  • ARAI Hirofumi. “Logistics Environment in the Eastern Russia: from the Viewpoint of Company Management.” The Second World Congress of Comparative Economics “1917–2017: Revolution and Evolution in Economic Development,” St. Petersburg, June 16, 2017.
  • SHIDA Yoshisada. “Forced Savings in the Soviet Republics: Re-examination,” The Second World Congress of Comparative Economics “1917–2017: Revolution and Evolution in Economic Development”, on June 15, 2017, National Research University Higher School of Economics, Campus in St. Petersburg, Russia.
  • SHIDA Yoshisada. “Impacts of Economic Sanctions on the Russian Regions: Evidence from the ERINA Survey.” The Second World Congress of Comparative Economics “1917-2017: Revolution and Evolution in Economic Development,” National Research University Higher School of Economics, Campus in St. Petersburg, June 16, 2017.
  • 新井洋史、「ロシアのマクロ経済動向と極東開発政策の進展状況」、国際情勢研究所『ロシア研究会』、東京、2017年7月7日
  • 志田仁完、「対ロシア経済制裁の影響:ERINA企業調査に基づく東西地域企業の比較」、比較経済体制学会『第57回全国大会』、吹田市、2017年9月17日
  • 志田仁完、「北東アジアとロシアの経済関係」、リレー講義『アジア共同体を考える』、東京外国語大学国際関係研究所、2017年12月4日
  • 志田仁完、特別講義第8回「ロシア経済の現状」、日本大学大学院経済学研究科、2017年12月5日
  • 新井洋史、「ロシア経済の課題と極東開発」、事業創造大学院大学講義『新興国経済と日本の中小企業』、新潟市、 2018年1月16日
  • 新井洋史、「物流から見たロシア極東地域企業」、富山大学研究推進機構極東地域研究センター『ロシア研究ワークショップ ビジネス・パートナーとしてのロシア極東地域企業:大規模企業調査からの示唆』、富山市、2018年1月24日
  • 志田仁完、「パネルディスカッション ロシア企業を見る視点:ロシア企業文化、地域特性、経済制裁」、富山大学研究推進機構極東地域研究センター『ロシア研究ワークショップ ビジネス・パートナーとしてのロシア極東地域企業:大規模企業調査からの示唆』、富山国際会議場、2018年1月24日
論文・報告書

※その他、「北東アジア動向分析」「北東アジア経済データブック」のロシア部分

担当 新井洋史調査研究部長・主任研究員
志田仁完研究主任

ページの先頭へ

モンゴルの発展戦略

事業内容 モンゴルのマクロ経済動向や経済政策、対外経済活動等の最新動向の把握を行うことを通じ、政権交代に伴う経済政策の極端な変化が外国資本の誘致の上で大きな障害となりうるとの洞察を得た。
催事・調査
  • 第6回ERINAワークショップ開催(2017年12月15-16日 ウランバートル)
    “Regional Integration and Trade Policy”
    共催:モンゴル国立大学ビジネススクール
講演・発表
  • エンクバヤル・シャクダル、「モンゴルの製造業の発展の歴史とこれからの可能性」、『モンゴルカレッジ』、東京都、2017年5月3日
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Impacts of Import Tariff Reforms on Mongolia’s Economy: CGE Analysis with the GTAP 8.1 Data Base.” 日本在住のモンゴル人博士会『日本在住のモンゴル人博士留学生及び研究者の研究フォーラム』、東京都、2017年5月5日
  • ENKHBAYAR Shagdar, OTGONSAIKHAN Nyamda. “Impacts of Import Tariff Reforms on Mongolia’s Economy: CGE Analysis with the GTAP 8.1 Data Base.” 20th Annual Conference on Global Economic Analysis “Global Economic Analysis in the 21st Century: Challenges and Opportunities,” West Lafayette, June 9, 2017.
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Mongolia’s Current Economic Situation & Niigata-Mongolia Cooperation,” Sanjo City, August 18, 2017.
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Impacts of FTAs in Northeast Asia on Mongolia’s Economy.” 6th ERINA Workshop “Regional Integration and Trade Policy,” Ulaanbaatar, December 15, 2017.
  • ENKHBAYAR Shagdar. “Mongolia’s Opportunities towards the NEA Economic Integration Leveraging the GTI.” MINASS, ERINA, International Think Tank for Landlocked Developing Countries (ITT for LLDC), GTI Joint Seminar “Current Status and Further Development of Greater Tumen Initiative: Mongolian Involvement,” Ulaanbaatar, March 16, 2018.
論文・報告書

※その他、「北東アジア動向分析」「北東アジア経済データブック」のモンゴル部分

担当 エンクバヤル・シャクダル主任研究員

 ページの先頭へ

韓国経済システムの研究

事業内容 共同研究員の参加を得て運営している「韓国経済システム研究会」において、家計貯蓄、日韓関係、経済構造改革をそれぞれテーマとした研究会を開催した。
催事・調査
  • 「韓国経済システム研究会」開催
    第1回研究会(2017年6月3日 東京都)
    報告者:鞠重鎬(横浜市立大学国際総合科学部教授)
    「家計貯蓄行動の日韓比較」第2回研究会(2018年1月27日 東京都)
    報告者:木村幹(神戸大学大学院国際協力研究科教授)
    「文在寅政権下の日韓関係-国際環境の変化とその影響-」第3回研究会(2018年3月3日 東京都)
    報告者:高安雄一(大東文化大学経済学部教授)
    「韓国経済の構造改革」
論文・報告書

※その他、「北東アジア動向分析」「北東アジア経済データブック」の韓国部分

担当 中島朋義主任研究員

 ページの先頭へ

北朝鮮の変化と北東アジア経済の未来像

事業内容 過去の研究成果の蓄積を、ERINA北東アジア研究叢書として出版した。また、北朝鮮情勢に対する社会的な関心の高まりの中で、さまざまな媒体を通じて、現地経済の実情等を踏まえた情報提供を行った。
催事・調査
  • 第7回羅先国際商品展示会参加(2017年8月 羅先)
講演・発表
  • 三村光弘、「東アジア平和協力の方向と南北協力の課題」、済州フォーラム、済州島、2017年6月1日
  • 三村光弘、「南北経協の法体系の課題-日本の視角から」、統一法フォーラム、ソウル、2017年6月16日
  • 三村光弘、「北東アジア経済協力における延辺朝鮮族自治州の役割」、延辺大学『第1回日中北東アジア会議』、延吉、2017年8月12日
  • 三村光弘、「一帯一路の影響力拡大と北東アジア」、北東アジア学会『第23回学術研究大会』、三島市、2017年10月1日
  • 福原裕二、三村光弘、“Temporary Workers from Democratic People’s Republic of Korea in Mongolia”、人間文化研究機構(NIHU)北東アジア地域研究事業・国際シンポジウム『安全保障の視点から考える移民・難民と環境問題』、仙台市、2017年10月29日
  • MIMURA Mitsuhiro. “Current Status of North Korean economy and future perspectives-orientation towards reunification of Korean Peninsula.” New Paradigm for the Realization of Common Security and Peace in the Post-Cold War Era, Seoul, December 7, 2017.
  • 三村光弘、「北朝鮮の核・ミサイル戦略と北朝鮮経済の実態」、日本商工会議所・東京商工会議所・東アジア貿易研究会『東アジアビジネスセミナー』、東京都、2017年12月8日
  • 三村光弘、「金正恩時代の北朝鮮の特徴と今後」、ERINA賛助会セミナー、新潟市、2018年1月17日
  • 三村光弘、「日本の対朝鮮半島、対北東アジア政策立案における日韓協力の重要性」、韓国・統一研究院(KINU) -日本国際問題研究所(JIIA)日韓ワークショップ、ソウル、2018年1月25日
  • 三村光弘、「北朝鮮経済の現状と展望」、日本国際問題研究所『公開シンポジウム:安全保障政策のボトムアップレビュー』、東京都、2018年2月1日
論文・報告書

※その他、「北東アジア動向分析」「北東アジア経済データブック」の北朝鮮部分

メディア
  • 三村光弘、UX新潟テレビ21『まるどりっ!』、2017年4月29日
  • 三村光弘、NHK『週刊ニュース深読み』、2017年7月15日
  • 三村光弘、NHK『日曜討論』、2017年8月27日
  • 三村光弘、TeNYテレビ新潟『新潟一番』、2017年8月29日
  • 三村光弘、TeNYテレビ新潟『新潟一番』、2017年9月15日
  • 三村光弘、TBS『報道特集』、2017年9月16日
  • 三村光弘、「北朝鮮経済の現状 改革試み底堅い成長続く」、日本経済新聞経済教室、2017年10月24日
  • 三村光弘、「『現代朝鮮経済を書いた』環日本海経済研究所調査研究部主任研究員三村光弘氏に聞く」、『週刊東洋経済』2017.11.4、112-113頁。
  • 三村光弘、UX新潟テレビ21『まるどりっ!』、2018年3月31日
担当 三村光弘主任研究員

 ページの先頭へ