平成30年度

 

北東アジア地域協力の課題と展望

北東アジアの経済統合に向けた地域協力

事業内容 2017年度に開始した「北東アジアの地域統合に向けた地域協力」に関する研究を深めるため、幅広い分野の専門家による国際ワークショップを開催し、2019年度の英文書籍出版に向けて準備を進めた。また、新たな国際情勢に対応すべく、「朝鮮半島情勢の変化と北東アジア協力」について、関係国の専門家らによる国際ワークショップを開催した。さらに、新たに吉林大学経済学院との間で国際共同研究の枠組みも立ち上げ、両国の研究者による研究発表、討論を行った。
催事・調査
  • 国際ワークショップ、東京都、2018年9月6-7日
    「北東アジアの経済統合へ向けて」

    発表者
    ピーター・ペトリ(米国・ブランダイス大学教授)
    パク・シンヨン(アジア開発銀行(ADB)経済調査・協力部長)
    奥田敦子(国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)ICT 開発部長)
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    トゥグルドル・バージーフー(大図們江イニシアチブ(GTI)事務局長)
    高世憲(中国国家発展改革委員エネルギー研究所副所長)
    討論者
    浦田秀次郎(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    安藤研一(静岡大学人文社会学部教授)
    土屋大洋(慶應義塾大学大学院研究科政策 ・ メディア研究科教授)
    ピーター・モーガン(アジア開発銀行研究所 (ADBI) シニアコンサルティングエコノミスト)
    李燦雨(帝京大学短期大学現代ビジネス学科准教授)
    ピーター・ペトリ(米国・ブランダイス大学教授)
    宮𦚰昇(立命館大学政策科学研究科教授)
  • 東京大学GSDM プラットフォームセミナー開催、東京都、2018年9月7日
    「北東アジアにおける経済見通しと経済協力の可能性」

    基調講演
    ピーター・ペトリ(米国・ブランダイス大学教授)
    モデレーター
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    パネリスト
    パク・シンヨン(アジア開発銀行(ADB)経済調査・協力部長)
    奥田敦子(国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)ICT 開発部長)
    トゥグルドル・バージーフー(大図們江イニシアチブ(GTI)事務局長)
    高世憲(中国国家発展改革委員エネルギー研究所副所長)
    ピーター・ペトリ(米国・ブランダイス大学教授)
    新井洋史(ERINA 調査研究部長・主任研究員)
    三村光弘(ERINA 調査研究部主任研究員)
  • 「米国貿易保護主義と東アジア経済の未来」座談会、長春、2018年11月10-11日
    共催:吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA

    モデレーター
    李暁(吉林大学経済学院院長)
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    報告者
    李坤望(南開大学経済学院教授)
    瀋国兵(復旦大学経済学院教授)
    丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)
    王孝松(人民大学経済学院教授)
    李暁(吉林大学経済学院院長)
    余智(上海財経大学国際工商管理学院)
    史本葉(吉林大学経済学院副院長)
    李婧(首都経貿大学経済学院教授)
    李俊久(吉林大学経済学院教授)
    于震(吉林大学経済学院教授)
    王皓(吉林大学経済学院博士)
    丁一平(吉林大学経済学院副院長)
    馮永琦(吉林大学経済学院准教授)
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    エンクバヤル・シャクダル(ERINA 調査研究部主任研究員)
    中島朋義(ERINA 調査研究部主任研究員)
    南川高範(ERINA 調査研究部研究員)
  • 国際ワークショップ、新潟市、2019年1月28日、
    「朝鮮半島情勢の変化と北東アジア協力」

    発表者
    木村幹(神戸大学大学院国際協力研究科教授 ペーパー参加)
    李聖華(延辺大学経済管理学院系主任、准教授)
    アレクサンドル・ヴォロンツォフ(ロシア科学アカデミー東洋学研究所朝鮮・モンゴル部長)
    曺東昊(チョ・ドンホ)(韓国国家安保戦略研究院(INSS)院長)
    三村光弘(ERINA 調査研究部主任研究員)
    柳志喆(リュウ・ジチョル)(未来エネルギー戦略研究所所長)
    陳章元(ジン・ジャンウォン)(韓国交通大学校交通大学院院長)
    エンクバヤル・シャクダル(ERINA 調査研究部主任研究員)
    中島朋義 ERINA 調査研究部主任研究員)
    討論者
    南川高範(ERINA 調査研究部研究員)
    アンドレイ・ベロフ(福井県立大学経済学部教授)
    河合正弘(ERINA 代表理事・所長)
    曺東昊(チョ・ドンホ)(韓国国家安保戦略研究院(INSS)院長)
    アレクセイ・グロモフ(エネルギー・金融研究所エネルギー研究担当部長)
    新井洋史(ERINA 調査研究部長・主任研究員)
講演・発表
  • KAWAI Masahiro. “Japan’s Growth Challenges.” Brookings Institution and University of British Columbia, Brookings─V20 Workshop on Social Cohesion, Washington, DC, April 18, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Japan’s Economic Diplomacy in the Age of Geo-economics.” Global Economy and Finance, Social Design and Global Leadership Program, Tokyo, April 30, 2018.
  • 新井洋史、「北東アジアの情勢について」、新潟県地質調査業協会『講演会』、新潟市、2018年5月9日
  • KAWAI Masahiro. “Regional Financing Arrangement for Financial Stability: An Asian Perspective.” ASEAN+3 Macroeconomic Research Office (AMRO), European Stability Mechanism (ESM) and Latin American Reserve Fund (FLAR), 2nd Joint RFA Research Seminar, Cartagena de Indias, May 17-18, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “CJK Economic Interdependence and Cooperation.” Campus Asia Program, Graduate School of Public Policy, Tokyo, May 23, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “ASEAN Connectivity.” Centre on Asia and Globalization, Singaporeʼs ASEAN Chairmanship 2018: Towards Resilience, Singapore, May 28, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Asian Economic Challenges in the Age of Uncertainty.” Policy Research Institute, Japanʼs Ministry of Finance, Seminar on Economic Policies, Tokyo, June 1, 2018.
  •  KAWAI Masahiro. “Central Banking and Financial Stability.” Korea Institute of Finance, Ten Years after the Global Financial Crisis: Retrospects and Prospects, Seoul, June 7, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “A Decade after the Global Financial Crisis: Promoting Financial Stability in Asia.” Ministry of Strategy and Finance and the Korea Development Institute, G20 Global Financial Stability Conference 2018, Seoul, June 14, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “CJK Economic Interdependence and Cooperation.” Graduate School of International Studies (GSIS) Seoul National University, Summer Seminar on Area Studies, Seoul, July 17, 2018.
  • 河合正弘、「特別セッション・リードコメント、総括」、グローバルフォーラム主催国際シンポジウム『地経学からみる21世紀の世界と日本』、東京都、2018年7月31日
  •  KAWAI Masahiro. “Economic Challenges in the Post-GFC Era: Central Asia and the Caucasus.” Policy Research Institute, Japanʼs Ministry of Finance, Central Asia and the Caucasus Seminar, Tokyo, August 16, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Northeast Asia Financial Development, Integration and Cooperation.” ERINA, ERINA International Workshop: Toward Northeast Asian Economic Integration, Tokyo, September 6, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Addressing Economic and Financial Challenges through International Policy Cooperation: Lessons from the Past and Prospects for the Future.” Bangko Sentralng Pilipinas, BSP 7th International Research Conference: Expanding the Boundaries of Central Banking in an Environment of Globalized Finance, Manila, September 24-25, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Diagnosing and Reforming Cross-cutting Public Policies to Promote Investment in Low-carbon Transition.” Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) and Asian Development Bank Institute (ADBI), Investing in Low-carbon Economy: Implications for Policymakers and Financial Sector,” Tokyo, September 29, 2018.
  • 河合正弘、「激動期を迎えた北東アジア地域の将来とERINAの役割」、『ERINA設立25周年記念シンポジウム』、新潟市、2018年10月1日
  • KAWAI Masahiro. “The Indian Ocean Economy: Opportunities and Risks.” Government of Sri Lanka and the Lakshman Kadirgamar Institute of International Relations and Strategic Studies (LKI), The Indian Ocean: Defining Our Future, Colombo, October 11-12, 2018.
  • 河合正弘、「米中貿易摩擦と日中経済協力」、『第14回東京‒北京フォーラム:アジアや世界の平和と協力発展に問われる日中の役割』 経済分科会 「国際自由貿易の維持と、新しい日中の経済協力」パネリスト、東京都、2018年 10月14-15日
  • KAWAI Masahiro. “Lessons Drawn from the Past and Challenges Ahead: a Japanese Perspective.” Institute of World Economic and Politics (IWEP), Chinese Academy of Social Sciences (CASS), Ten Years after the Global Financial Crisis: Lessons and Challenges, Beijing, October 15, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Peace and Maritime Cooperation in Northeast Asia: a Japanese Perspective.” 12th World Ocean Forum, Busan, October 17, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Comments on Aaron Klein, ‘Incorporating Macro-prudential Financial Regulation into Monetary Policy 7ʼ.” Nomura Foundation, Monetary Policy Normalization: Ten Years after the Great Recession, Tokyo, October 24, 2018.
  • 河合正弘、「トランプ政権の通商政策:米中貿易戦争」、日本記者クラブ、東京都、2018年10月29日
  • KAWAI Masahiro. “Japanʼs Approach to Regional Economic Integration and Cooperation.” Japan Institute of International Relations (JIIA) and the Institute of International Relations (IIR) of National Chengchi University, 2018 JIIA-IIR Dialogue, Tokyo, October 30, 2018.
  • 新井洋史、「日本から見た北東アジア協力」、ERINA・吉林大学東北アジア研究院『北東アジア研究会』、新潟市、 2018年11月5日
  • 河合正弘、「一帯一路構想と『自由で開かれたインド太平洋構想』」、吉林大学東北アジア研究院、『吉林大学紀年改革解放40周年哲学社会科学名家講座』長春、2018年11月9日
  • 河合正弘、「トランプ政権の通商政策: 中国の台頭と米中貿易戦争」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春、2018年11月10-11日
  • 中島朋義、「北東アジアの通商政策」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春市、2018年11月10-11日
  • エンクバヤル・シャクダル、「Impacts of the USA-China Trade War: CGE Analysis with the GTAP 9A Data Base.」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春、2018年11月10-11日
  • 南川高範、「中国の対米貿易構造と貿易摩擦の展望-中国と吉林省を対象とした国別・産業別貿易の構造」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春、2018年11月10-11日
  •  新井洋史、「あらためて環日本海について」、北東アジア研究交流ネットワーク(NEASE-Net)『第13回フォーラム&国際シンポジウム 北東アジア秩序の再構築「対立」から「協働」へ』、東京都、2018年11月11日
  • KAWAI Masahiro. “The Trump Administration and U.S.-China Trade War.” Central University of Finance and Economics, 8th Asia-Pacific Forum on Economy and Finance, Ten Years after 2008: New Challenges to Global Financial Stability, Beijing, November 12, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “World Economic Development: Opportunities and Challenges.” Bank of China, Annual Conference of China International Finance Society, World Economy and China 2019: the Future of the Global Economic and Financial System, Beijing, November 13, 2018.
  • KAWAI Masahiro. “Global Governance at Risk: Social Fragmentation and the Rising Emerging Economy Power.” Japan Institute for International Affairs (JIIA) and the Asian Development Bank Institute (AIIB), T20 Social Cohesion, Global Governance and Future Politics Task Force, Tokyo, December 4-5, 2018.
  • 河合正弘、「『一帯一路』構想、AIIB、『インド太平洋戦略』」、日本国際問題研究所『PECC第55回日本委員会(JANPEC)総会』東京都、2018年12月7日
  • KAWAI Masahiro. “Financial Stability in Emerging Asia: Capital Flows and Debt Sustainability.” Meiji University, CASS Academic Symposium, Regional Cooperation and Financial Stability: Risks and Opportunities, Tokyo, December 17, 2018.
  • 新井洋史、「『日本海を平和の海に』は夢で終わるのか?」、国土交通省『2050年研究会』、東京都、2019年1月8日
  • KAWAI Masahiro. “Japan, the U.S. and TPP-11: Where Do We Go from Here?” Japan-America Society in Washington DC, Japan in 2019: a Look at the Year Ahead, Washington DC, January 22, 2019.
  • KAWAI Masahiro. “Public Policies to Promote Private Investment in Low-carbon Transition.” Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) and the Asian Development Bank Institute (ADBI), Public-Private Dialogue on Unlocking the Potentials of Private Finance for Low-Carbon Transition, Tokyo, February 21, 2019.
  • KAWAI Masahiro. “Japanʼs Relations with China and the U.S. in the Midst of China-U.S. Trade Conflict.” The University of Tokyo and Peking University, 5th PKU-U Tokyo Forum, Co-creating the Future: Challenges, Opportunities and Power Dynamics in the 21st Century, Tokyo, February 23, 2019.
  • KAWAI Masahiro. “U.S.-China Trade Conflict: How Can It Be Resolved?” The Economist, Asia Trade Summit 2019, Hong Kong, February 28, 2019.
  • 河合正弘、「米中覇権競争と重層的アプローチ」、言論NPO『東京会議2019:米中対立の行方とリベラルな国際秩序の行方』、東京都、2019年3月3日
  • KAWAI Masahiro. “Rules-Based Global Governance at Risk: Challenges of U.S. Unilateralism and U.S.-China Superpower Competition.” Global Solutions Initiative, Global Solutions Summit 2019, Berlin, March 18-19, 2019.
  • KAWAI Masahiro. “Connecting Europeʼs and Japanʼs Connectivity Agendas: Prosperity and Security in the Indo-Pacific.” European Policy Centre, Connecting Europeʼs and Japanʼs Connectivity Agendas: Prosperity and Security in the Indo-Pacific, Brussels, March 28-29, 2019.
  • KAWAI Masahiro. “Rules-based Global Governance at Risk: Challenges of U.S. Unilateralism and U.S.-China Superpower Competition.” T20 Japan 2019, Policy Brief T20 Japan 2019 for Task Force 6: Social Cohesion, Global Governance and Future of Politics, Tokyo, March 15, 2019.
論文・報告書
担当 河合正弘代表理事・所長
新井洋史調査研究部長・主任研究員
エンクバヤル・シャクダル主任研究員
中島朋義主任研究員
三村光弘主任研究員
穆尭芊研究主任
志田仁完研究主任
南川高範研究員


ページの先頭へ

パリ協定の下での北東アジアのエネルギー協力

事業内容 国際NGOである北東アジア天然ガス・パイプラインフォーラム(NAGPF)の事務局として、第15回北東アジア天然ガス・パイプライン国際会議の開催・運営を支えた。また、国連気候変動会議(COP24)にオブザーバー資格で参加するなどして、最近の政策動向等に関する情報収集と各国の研究者とのネットワーク形成を図った。
催事・調査
  • 第15回北東アジア天然ガス・パイプライン国際会議、サンクトペテルブルク、2018年10月4-5日
    ※ ERINAは事務局として開催支援
  • 国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)参加、カトウィッツ(ポーランド)、2018年12月7-17日
講演・発表
  • 新井洋史、「峰毅論文「中国の石炭液化技術開発の系譜」に対して」、比較経済体制学会『第58回全国大会』、札幌市、2018年6月10日
  • 新井洋史、「第15回北東アジア天然ガス・パイプライン国際会議」、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 『ロシア・中央アジア研究会』、東京、2018年11月9日
  •  ENKHBAYAR Shagdar. “Energy and GHG Emission Reduction Issues in Northeast Asia.” Mitsubishi Corporation and The University of Tokyo, The Future of Energy Cooperation and Connectivity Energy Business and Policies in the Age of Platformers, Joint Research Project Workshop, Tokyo, January 25, 2019.
論文・報告書
担当 新井洋史調査研究部長・主任研究員
エンクバヤル・シャクダル主任研究員
南川高範研究員

ページの先頭へ

アジア太平洋地域の経済統合と北東アジア

事業内容 米トランプ政権の通商政策により、米中経済摩擦が激化するなど北東アジア経済を巡る経済環境が変化する中、こうした動きをフォローしつつ、国際貿易分析プロジェクト(GTAP)モデルを用いたシナリオ分析を含む研究を行った。
講演・発表
  • 中島朋義、「Economic Interdependence in Northeast Asia」、富山大学アジア共同体国際シンポジウム、富山市、 2018年9月20日
  • 中島朋義、「北東アジアの通商環境」、ERINA運営協議会、新潟市、2018年10月2日
  • 中島朋義、「北東アジアの通商政策」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春、2018年11月10-11日(再掲)
  • エンクバヤル・シャクダル、「Impacts of the U.S.-China Trade War.」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春、2018年11月10-11日(再掲)
  • 中島朋義、「TPPと米中経済摩擦」、国際貿易投資研究所、「アジア太平洋経済と通商秩序の行方」について討論会、東京都、2019年3月25日
論文・報告書
  • 中島朋義、エンクバヤル・シャクダル、「東北亜FTA総述(北東アジアFTA総述)」、劉爽[編]『東北亜発展報告 (北東アジア発展報告(2017-2018))』、社会科学文献出版社、2018年9月(中国語)
  • ENKHBAYAR Shagdar, NAKAJIMA Tomoyoshi. “Economic Effects of the U.S.-China Trade War: CGE Analysis with the GTAP 9.0a Data Base.” DP1806e, ERINA, December 2018
  • 中島朋義、「TPPと米中経済摩擦」、石川幸一、馬田啓一、清水一史[編著]『アジアの経済統合と日本-変わる通商秩序の構図-』、文眞堂、2019年9月(予定)
担当 中島朋義主任研究員
エンクバヤル・シャクダル主任研究員

 ページの先頭へ

北東アジアの知的基盤整備

事業内容 朝鮮半島を巡る情勢が刻々と変化する中、北東アジアのビジネス環境改善に寄与するよう、北東アジアの移行経済国の経済改革と対外開放を担う人材育成を進めるべく、当事者を交えた国際ワークショップを開催した。
催事・調査
  • 国際ワークショップ「北東アジアにおける共同の繁栄と安全のための協力」開催、2018年6月20日、ウラジオストク
    共催:極東連邦大学東洋学研究所・地域国際学部、ERINA
    参加者:18名
担当 三村光弘主任研究員

  ページの先頭へ

北東アジアにおける複合一貫輸送の展開

事業内容 外部からERINAに対する期待の大きいテーマであるが、投入できる人的資源に限りがあるため、当面は経済交流部事業との相乗効果を念頭に置いて、具体的な物流ルートの確立・拡充につながるような調査、問題解決策の提言等に重点を置く。
催事・調査
  • 大図們江イニシアチブ(GTI)主催「ロシア極東税関との会合」参加、ウラジオストク市、ハサン地区(ロシア)、 2018年4月11-12日
  • GTI地方協力委員会準備会合参加、中国・営口市、2018年5月16-17日
  • GTI諮問委員会参加、ウランバートル、2018年6月21-22日
  • GTI地方協力員会参加、鳥取県伯耆町、2018年7月13日
  • 中央アジア現地調査、カザフスタン、キルギス、2018年8月4-14日
  • 綏芬河ルート輸送実験準備打合せ、中国・満洲里市、2018年9月13日
  • GTI運輸部会参加、北京、2018年9月20日
講演・発表
  • 新井洋史、「Key Issues on Transport Connectivity in Northeast Asia」、東京大学GSDM、ERINA主催『北東アジア の経済統合に向けて』、東京都、2018年9月7日
  • 新井洋史、「環日本海物流をめぐる最近の話題」、自由民主党富山県連『自民党富山湾未来創造調査会勉強会』、富山市、2018年9月19日
  • ARAI Hirofumi. “Regional Transport Cooperation: Prospects and Realities.” Artyom City Under Krai Jurisdiction, Mutual Economic Cooperation of the Russian Federation, the Countries of the Korean Peninsula and Japan, Artyom, Russia, November 7, 2018.
  • ・ ARAI Hirofumi. “Freight Transport Cooperation in the Japan Sea Rim.” National Chung Hsing University, International Workshop on Transnational Governance in the Japan Sea Rim: Proposals and Developments, Taichung, Taiwan, December 3, 2018. (Paper submission only, in Japanese)
  • 新井洋史、「シベリア鉄道利用のランドブリッジ輸送~現状と展望~」、アジア物流研究会主催セミナー『一帯一路時代のグローバル・ロジスティクス・ネットワーク』、東京都、2019年3月6日
  • ARAI Hirofumi. “Eurasian Railway Network: Developments and Challenges.” Korea Railroad Research Institute (KRRI), Innovative Railway and Cooperative Network for East Asia Railway Community, Seoul, ROK, March 14, 2019.
論文・報告書
担当 新井洋史調査研究部長・主任研究員
蔡聖錫経済交流推進員
南川高範研究員

ページの先頭へ

中国の「一帯一路」戦略の拡大と北東アジア

事業内容 中国の近隣国における「一帯一路」戦略の展開状況を把握するため、南アジア地域での現地調査を行い、中国が自らの勢力圏を着実に広げている現状を確認した。
催事・調査
  • 現地調査、新疆ウイグル自治区、パキスタン、インド、スリランカ、2018年4月27日-5月24日
講演・発表
  • 三村光弘、「一帯一路の現状と北東アジアへの拡大」、北東アジア学会『第24回学術研究大会』、草津市、2018年9月30日
  • 三村光弘、「北東アジア情勢の情勢変化と国際秩序の変化が一帯一路に与える影響」、北東アジア輸送回廊ネットワ ーク・みなと総合研究財団共催『第23回研究フォーラム(北東アジア政策懇話会)』、東京都、2019年2月22日
論文・報告書
担当 三村光弘主任研究員

 ページの先頭へ

北東アジア各国経済の分析

中国の地域経済と地域政策

事業内容 長年にわたって日本国内および中国国内での人脈を活用しつつ、研究を積み重ねてきた成果をERINA北東アジア研究叢書第9巻として刊行した。その中で、過去の中国の地域開発政策を効率と公平および中央と地方というそれぞれの関係性において整理したうえで、新たな時代区分を提起した。また、一帯一路の中国国内地域政策としての側面に注目した共同研究の成果を2019年度に刊行すべく準備を進めた。
催事・調査
  • 在外研究:穆尭芊研究主任、テネシー大学交通研究センター(米国)、2018年10月3日-2019年9月30日(予定)
  • 「ERINA・吉林大学東北アジア研究院学術研究会」開催、新潟市、2018年4月18日
  • 所内セミナー「新幹線と地域振興」、新潟市、2018年6月12日
  • 「ERINA中国地域経済研究会」開催、東京都、2018年9月21日
  • 「ERINA・吉林省社会科学院研究交流会」開催、新潟市、2018年10月11日
  •  ERINA・吉林大学東北アジア研究院共催「北東アジア研究会」開催、新潟市、2018年11月5日
  • 中国経済経営学会2018年度全国大会企画分科会「『一帯一路』は中国地域経済にどのような影響を与えるのか?」企画・運営、東京都、2018年11月24日
講演・発表
  • 穆尭芋、(藤井大輔報告)「中国の地方債の持続可能性の検討」コメンテーター、『比較経済体制学会2018年度第58回全国大会』、札幌市、2018年6月9日
  • 穆尭芊、「中国の地域政策の展開と『一帯一路』」、『平成30年度第1回日本海講座』、富山市、2018年7月7日
  • 穆尭芊、南川高範、「中国経済の『新常態』-構造変化・地域発展・国際連携」、ERINA北東アジア研究叢書7『北東アジアの経済成長-構造改革と域内協力』発刊記念セミナー、東京、2018年8月1日
  • 南川高範、「数字と写真でひも解く日中の観光と経済のいま」、新潟県国際交流協会『国際理解セミナー』、新潟市、 2018年9月24日
  • 李奎、穆尭芊、「河南省の経済発展と産業構造の転換-『一帯一路』を視野に入れて」、『北東アジア学会第24回学術研究大会』、京都市、2018年9月30日
  • 南川 高範、(清水敏史報告)「小地域間産業連関表接続の研究-小樽市-余市町間の産業連関分析の試み-」への討論者、『北海道経済学会2018年度大会』、旭川ときわ市民ホール、2018年10月7日
  • 南川高範、「中国の対米貿易構造と貿易摩擦の展望-中国と吉林省を対象とした国別・産業別貿易の構造」、吉林大学経済学院、吉林大学中日経済共同研究中心、ERINA共催『米国貿易保護主義と東アジア経済の未来』座談会、長春、2018年11月10-11日(再掲)
  • 南川高範、「中国経済-数字から見る中国経済と実際に見る中国経済」、『事業創造大学院大学講義』、新潟市、 2018年11月6日
論文・報告書
  • 南川高範、「中国新常態時代および黒龍江省の現状と展望」、黒龍江省社会科学院主催国際会議に提出、2018年5月
  • 李奎、穆尭芊、「河南省の地域経済発展と産業構造の変化-「一帯一路」を視野に入れて」、『ERINA REPORT (PLUS)』、No.143、2018年8月、pp.22-35
  • 穆尭芊、「安倍経済学新政策及其背景下的中日創新合作(アベノミクスの新政策と日中協力)」、劉爽[編]『東北亜発展報告(2017-2018)(北東アジア発展報告(2017-2018))』、社会科学文献出版社、2018年9月、pp.232-239 (中国語)
  • 穆尭芊、南川高範、「中国」、ERINA[編]『北東アジア経済データブック』:2018年版、2018年12月、pp.1-13
  • 穆尭芊、『中国の地域開発政策の変容-地方主体の展開と実態』、日本評論社ERINA北東アジア研究叢書9、 2019年3月
  • 南川高範、「中国の対米貿易構造と貿易摩擦の展望-中国と吉林省を対象とした国別・産業別貿易の構造」、吉林大学論文集(2019年出版予定)
  • 穆尭芊、南川高範、「北東アジア動向分析:中国/中国(東北)」、『ERINA REPORT (PLUS)』(各号)
担当 穆尭芊研究主任
南川高範研究員

  ページの先頭へ

ロシア極東地域の経済発展

事業内容 ロシア国内で2015年に実施した大規模企業調査の詳細な分析結果を、ERINA北東アジア研究叢書の第8巻として刊行した。また、ロシア極東の経済特区への進出企業動向に関連する各種資料収集、データ分析を進め、これらの特区が制度制定後約3年を経て、いまのところまだ実質的な成果を上げていないことを明らかにした。
催事・調査
  • 現地調査
    ウラジオストク、2018年8月26-30日
    札幌市、2019年2月12-14日
    ※ いずれも北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター助成も活用
  • 日露都市環境問題作業部会・第9回総括会合、東京都、2018年5月18日
  • 比較経済体制学会全国大会、北海道、2018年6月8-10日
  • セミナー「Doing business in Russia: the challenges for Japanese companies」、東京都、2018年7月7日
  • ROTOBO月例報告会「東方経済フォーラム後の日ロ関係の展望」、東京都、2018年9月28日
  • ロシア東欧学会、神戸市、2018年10月20-21日
  • 第34回日ロ極東学術シンポジウム、大阪市、2018年12月1-2日
  • 経済セミナー「日・サハ2020年へ向けての経済発展プログラム」、東京都、2018年12月5日
  • 国際カンファレンス “Civil Society, Firms, and Government in Post-Transition and Emerging Economies” 、京都市、 2019年1月26-27日
  • 「日露ビジネス交流促進フォーラム ‒有力地方と注目企業‒」、東京都、2019年2月4日
講演・発表
  • 新井洋史、「ロシア東部地域の運輸・ロジスティクス環境:ミクロデータに基づく西部地域との比較評価」、『ERINA所内研究会』、新潟市、2018年4月17日
  • 新井洋史、志田仁完、「ロシア極東経済の構造問題と北東アジア協力」、ERINA北東アジア研究叢書7『北東アジアの経済成長-構造改革と域内協力』発刊記念セミナー、東京都、2018年8月1日
  • 志田仁完、「ロシア企業と経済制裁」、『環日本海懇談会幹事会 10月例会』、新潟市、2018年10月17日
  • 志田仁完、「マクロ経済ショックが企業の経営活動に与える影響:ロシア地域企業の分析」、ロシア・東欧学会第47回研究大会、神戸市、2018年10月21日
  • 新井洋史、「ロシア企業の組織と経営-マイクロデータによる東西地域比較分析研究プロジェクト概要」、ERINA賛助会セミナー『ロシア企業アンケートの結果からみえてくるもの』、新潟市、2018年11月21日
  • 新井洋史、「ピョートル・バクラノフ論文に対するコメントと質問」、『第34回日ロ極東学術交流会』、八尾市、 2018年12月2日
  • 志田仁完、「アンナ・バルダリ論文に対するコメントと質問」、『第34回日ロ極東学術交流会』、八尾市、2018年 12月3日
  • 志田仁完、「経済制裁下のロシア地域企業」、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター『スラブ・ユーラシア地域を中心とした総合的研究:プロジェクト型共同研究報告会(共同利用・共同研究拠点公募研究報告会)』、札幌市、2018年12月13日
  • 志田仁完、「極東地域経済の現状と開発政策」、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター『スラブ・ユーラシア 地域を中心とした総合的研究:プロジェクト型共同研究報告会(共同利用・共同研究拠点公募研究報告会)』、札幌市、2019年2月13日
  • 志田仁完、「プロジェクトの概要と現地調査の報告」、『スラブ・ユーラシア地域を中心とした総合的研究:プロジェクト型共同研究報告会(共同利用・共同研究拠点公募研究報告会)』、札幌市、2019年2月13日、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター。
  • 新井洋史、「ロシア経済の概況と極東開発政策の動向」、国際情勢研究所『ロシア研究会』、東京都、2019年3月1日
論文・報告書
関連する受託調査 【一般財団法人国際臨海開発研究センター】
「ロシアの港湾事業制度とロシア極東におけるインフラ開発政策の課題に係る基礎的資料の収集整理業務」
担当 志田仁完研究主任
新井洋史調査研究部長・主任研究員

  ページの先頭へ

モンゴルの発展戦略

事業内容 モンゴル科学アカデミー地理学・地生態学研究所との共催により、初めてモンゴルの地方都市(チョイバルサン)において、国際ワークショップを開催し、モンゴルの地域開発政策に関する研究に踏み出した。
主な催事・調査
  • 第26回Annual Short Course in Global Trade Analysis 研修への参加、オンライン:2018年5月14日-7月15日、実地:米国・パデュー大学、2018年7月28日-8月2日
  • 第8回ERINA国際ワークショップ『モンゴル・ドルノド県のビジョン・2025と北東アジア経済統合への参画機会』、チ ョイバルサン、2018年9月11日
Speakers
MIMURA Mitsuhiro (ERINA)
TUGULDUR Baajikhuu (GTI)
HAN Hong (Liaoning Academy of Social Sciences, China)
BATTOGTOKH Dorjgotov (IGG MAS, Mongolia)
ALTANBAGANA Myagmarsuren (IGG MAS, Mongolia)
ENKH-OTGON Kh. (Dornod)
LKHAGVASUREN Lkhagva (EA Agricultural Research Center, Mongolia)
DAVAANYAM Surenjav (MCUD, Mongolia)
KHERLENBAYAR Bolor (IGG MAS, Mongolia)
  • モンゴル勉強会出席と発表
    2018年12月7日、青山学院大学(発表)
    2019年1月26日、在日モンゴル大使館
    2019年3月8日、青山学院大学
  • 現地調査
    モンゴル、2019年5月
    モンゴル、2019年9月
主な論文・報告書
  • ENKHBAYAR Shagdar, Mongoliaʼs Economic Development Overview before 1990(未発行)
  • エンクバヤル・シャクダル、「モンゴル」、ERINA[編]『北東アジア経済データブック』:2018年版、2018年12月
  • エンクバヤル・シャクダル、「北東アジア動向分析:モンゴル」、『ERINA REPORT (PLUS)』(各号)
主な講演・発表
  • エンクバヤル・シャクダル、「Mongoliaʼs Current Economic Situation & Niigata-Mongolia Cooperation/モンゴルの現在経済状況と新潟-モンゴル協力」、モンゴル勉強会、青山学院大学、2018年12月7日
  • エンクバヤル・シャクダル、「モンゴルの製造業の発展の歴史と今後の可能性」、第2回モンゴル文化講演会、柏崎市、2019年1月14日
担当 エンクバヤル・シャクダル主任研究員

 ページの先頭へ

韓国経済システムの研究

事業内容 韓国経済システム研究会を計3回開催し、それぞれ通商政策、企業行動、税制をテーマとした検討を行い、その成果の一部をERINA Discussion Paperとして公表した。
催事・調査
  • 「韓国経済システム研究会」開催
    第1回研究会、東京都、2018年11月3日
    報告者:金奉吉(富山大学教授)、「通商環境の変化と韓国のFTA政策」
    第2回研究会、東京都、2019年2月9日
    沈政郁(京都産業大学教授)、「経済ショックに対する家族企業と非家族企業の戦略行動の違い:韓国簡単な比較を交えて」
    第3回研究会、東京都、2019年3月16日
    報告者:鞠重鎬(横浜市立大学教授)、「租税体系の日韓比較と収束現象」
講演・発表
  • 中島朋義、「韓国経済の構造改革」、ERINA北東アジア研究叢書7『北東アジアの経済成長‒構造改革と域内協力』 発刊記念セミナー、東京都、2018年8月1日
論文・報告書
担当 中島朋義主任研究員

 ページの先頭へ

北朝鮮の変化と北東アジア経済の未来像

事業内容 朝鮮半島情勢が目まぐるしく動き、北朝鮮の変化に対する社会的な関心が大きく高まった中、北朝鮮経済に関する最新状況などについて、マスコミも含めた国内外の各層の要請に応えて、多くの場面で情報提供を行った。
催事・調査
  • 現地調査
    タイ、オーストラリア、2018年7月17-29日
    キルギス、北朝鮮、ロシア、2018年8月11-30日
    モンゴル、ロシア、インド、2018年9月8-25日
    中朝国境地方、韓国、2018年10月24日-11月13日
    中朝国境地方、2018年11月30日-12月8日
    中朝国境地方、2019年1月7-15日
    北朝鮮、2019年3月1-10日
講演・発表
  • 三村光弘、「北朝鮮と北東アジア」、新潟県立大学『アジア地域の交流と統合』、新潟市、2018年4月26日
  • MIMURA Mitsuhiro, FUKUHARA Yuji. “Temporary Workers from the Democratic Peopleʼs Republic of Korea in Mongolia.” 25th World Congress of Political Science, Brisbane, Australia, July 22, 2018.
  • 三村光弘、「北朝鮮について」、ERINA北東アジア研究叢書7『北東アジアの経済成長-構造改革と域内協力』発刊記念セミナー、東京都、2018年8月1日
  • MIMURA Mitsuhiro, FUKUHARA Yuji. “Temporary Workers from the Democratic Peopleʼs Republic of Korea in Mongolia.” Asian Borderlands Conference, Bishkek, Kyrgyz Republic, August 15, 2018.
  • 三村光弘、「北東アジアにおける新たな秩序形成-北朝鮮の非核化をきっかけとして」、新潟経済同友会『第23回夏季セミナー』、十日町市、2018年8月31日
  • MIMURA Mitsuhiro. “Economic Interdependence and Integration in Northeast Asia.” International Workshop, the 2025 Vision of Mongoliaʼs Dornod Aimag and Opportunities to Participate in Northeast Asian Economic Integration. Choibalsan, Mongolia, September 11, 2018.
  • 三村光弘、「米朝首脳会談後の朝鮮半島情勢」、大阪商工会議所『北東アジアセミナー』、大阪市、2018年9月25日
  • 三村光弘、「朝鮮半島問題と周辺国の関与」、北東アジア学会『第24回学術研究大会』、草津市、2018年9月30日
  • 三村光弘、「朝鮮半島の今を知る(17) 北朝鮮経済の現状」、日本記者クラブ『会見』、東京都、2018年10月16日
  • 三村光弘、「中朝政治経済関係の10年後」、日本現代中国学会『2018年度全国学術大会企画分科会「10年後の中国経済」』、東京都、2018年10月21日
  • 三村光弘、「米朝首脳会談後の朝鮮半島情勢-変わったことと変わらないこと-」、世界省エネルギー等ビジネス推進協議会『勉強会』、東京都、2018年10月24日
  • 三村光弘、「対北経済交流における日韓協力の可能性」、ソウル大学公共行政大学院『南北経済協力に関する国際会議』、ソウル、2018年10月31日
  • 三村光弘、「北東アジア協力の新たな道-水平的関係の構築-」、『ロシア、朝鮮半島、日本の相互経済交流』、アルチョム(ロシア)、2018年11月7日
  • 三村光弘、「朝鮮経済の現状と法-現状と理念の乖離」、『「韓・朝鮮半島と法」研究会』、東京都、2018年11月10日
  • 三村光弘、「北朝鮮経済-「改革・開放」の現状」、早稲田大学・統一研究院『合同セミナー』、東京都、2018年11月12日
  • 三村光弘、「朝鮮の変化と北東アジア経済」、ERINA・北陸AJEC主催『変容する北東アジア-北朝鮮の最新情勢と北東アジア国際物流の現況』、富山市、2018年11月15日
  • 三村光弘、「北朝鮮から見たアジア共同体」、東京大学教養学部講義、東京都、2018年11月30日
  • 三村光弘、「発表に対するコメント」、現代韓国朝鮮学会『第19回研究大会』分科会(座長兼任)、南山大学名古屋キャンパス、2018年12月1日
  • 三村光弘、「東アジアと北朝鮮」、福島大学『アジア共同体構想と地域協力』、福島市、2018年12月5日
  • 三村光弘、「総括討論」、韓国法制研究院『東北亜と経済特区法制』、韓国・ソウル市、2018年12月7日
  • 三村光弘、「日朝関係と東アジア平和構築の方向」、韓国・民族和解協力汎国民協議会『2018東北亜文化交流国際会議』、ソウル、2018年12月13日
  • 三村光弘、「北朝鮮経済の現実-実際と制度の乖離」、韓国住宅学会『大会特別講演』、ソウル、2018年12月14日
  • 三村光弘、「北朝鮮経済の現実-実際と制度の乖離」、日本国際問題研究所、韓国・国家安保戦略研究院(INSS)共催『第7回JIIA-INSS会議』、ソウル、2019年1月17日
  • 三村光弘、「朝鮮半島問題と周辺国の関与」、人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究」・北東アジア学会連携シンポジウム、『北東アジアの鳴動-朝鮮半島、中露国境地域、蒙中露辺境』、富山市、2019年1月26日
  • MIMURA Mitsuhiro. “Changes in DPRK Economic Policy and its Future Course.” ERINA International Workshop, The Changes in the Situation on the Korean Peninsula and Northeast Asian Cooperation, Niigata, January 28, 2019.
  • 三村光弘、「北朝鮮の変化と北東アジア」、『2019北東アジア経済発展国際会議イン新潟』、新潟市、2019年1月29日
  • 三村光弘、「発表者へのコメント」、東アジア貿易研究会『「朝鮮半島の今後を考える」セミナー』、東京都、2019年2月21日
  • 三村光弘、「北東アジア情勢の情勢変化と国際秩序の変化が一帯一路に与える影響」、北東アジア輸送回廊ネットワ ーク・みなと総合研究財団共催『第23回研究フォーラム(北東アジア政策懇話会)』、東京都、2019年2月22日
  • 三村光弘、「朝鮮半島をめぐる国際情勢の変化と日本」、新潟経営者協会『総会』、新潟市、2019年3月11日
  • 三村光弘、「最新北朝鮮経済事情」、日本貿易振興機構『役員対象勉強会』、ジェトロ本部、2019年3月14日
論文・報告書
  • 三村光弘、「米朝対話の意味するもの」、『東アジア経済情報』、2(29)、2018年4月、pp.7-12
  • 三村光弘、「会議・視察報告 モンゴルの経済特区 : アルタンブラグとザミンウド再訪」、『ERINA REPORT (PLUS)』、No.141、2018年4月、pp.71-73
  • 三村光弘、「会議・視察報告 再び甦りつつあるボーテン特定経済区 : 一帯一路プロジェクトと大メコン圏、南北経済回廊北部をゆく」、『ERINA REPORT (PLUS)』、No.142、2018年6月、pp.25-30
  • 三村光弘、「米国との対立に規定された北朝鮮経済の成長過程 : 冷戦、制裁、核開発そして非核化」、『CISTEC journal』、176、2018年7月、pp. 127-141
  • 三村光弘、「Hot Issue 核心を聞く 北朝鮮経済は開放途上 日本は市場化で役割を」、『週刊東洋経済』、6083、2018年7月21日、p.11
  • 三村光弘、「北朝鮮は「改革・開放」に踏み切るのか 米国との対立の解消に合わせた経済政策の選択」、『金曜日』、 26(28)、2018年7月、pp.22-23
  • 三村光弘、「北朝鮮の核放棄と北東アジアの未来」、『現代思想』、46(12)、2018年8月、pp. 50-57
  • 三村光弘、「会議・視察報告 ドルドイバザール視察記」、『ERINA REPORT (PLUS)』、No.144、2018年10月 p.45
  • 三村光弘、「北朝鮮経済の可能性 制裁解除で「普通の発展途上国」に 北東アジア最後のフロンティア」、『エコノミスト』、96(40)、2018年10月16日、pp.80-81【再掲】
  • 三村光弘、「変化期の北朝鮮経済研究の方法論を探る」、『現代韓国朝鮮研究』18、2018年11月、pp.13-24(査読)
  • 三村光弘、「会議・視察報告 第8回羅先国際商品展示会」、『ERINA REPORT (PLUS)』、No.145、2018年12月 pp.36-37
  • 三村光弘、「北朝鮮」、ERINA編『北東アジアデータブック』:2018年版、2018年12月
  • 三村光弘、「現地視察報告 思ったより大きい経済制裁の影響 : 朝中国境、朝ロ国境地方出張記」、『東アジア経済情報』、2(33)、2018年12月、pp.1-5
  • 三村光弘、堀江典生、松野周治、「鼎談 北東アジア経済圏の現実と展望」、『経済』281、2019年2月、pp.109-130
  • 三村光弘、「北東アジア動向分析:北朝鮮」、『ERINA REPORT (PLUS)』(各号)
担当 三村光弘主任研究員

 ページの先頭へ