平成22年度

 

国際共同研究

国境をまたぐ地域開発

北東アジア輸送回廊

事業内容 「北東アジア輸送回廊」の発展に向け、多国間の政策的協調を探るとともに、物流環境の最新情報データを収集した。
主な調査・会議・視察
  • GTI運輸プロジェクト運輸専門家セミナー(2010年6月24日、釜山、新井洋史)
  • 第1回日中物流政策対話(2010年6月24日、北京、朱永浩)
  • GTI運輸理事会設立総会(2010年6月25日、釜山、新井洋史)
  • 2010東北亜物流合作発展論壇(2010年9月2日、長春、新井洋史ほか)
  • GTI運輸専門家会議(2010年12月16日、米子、三橋郁雄ほか)
  • 2011北東アジア経済発展国際会議(NICE)イン新潟セッションB 産業開発動向と交通インフラ(2011年2月16日、新潟)
  • 関連調査:【国土交通省北陸地方整備局委託業務】環日本海圏物流動向実態検討業務
主な成果・報告書
担当 三橋郁雄特別研究員
新井洋史研究主任
朱永浩研究員

中国(東北)と北東アジア地域協力

事業内容 中国駐新潟総領事館の設置など、中国を中心とする経済研究・地域研究は重要性を増す。中国(東北)を軸とする二国間・多国間の複層的な経済関係を総合的に研究した。
主な調査・会議・視察
  • 現地調査(2010年6月5日~13日、北京-牡丹江-綏芬河-東寧-ハルビン、朱永浩)
  • 東北アジア区域発展国際フォーラム(2010年6月14日~16日、ハルビン、朱永浩ほか)
  • 東北アジア発展フォーラム(2010年8月30日~31日、瀋陽、中村俊彦ほか)
  • 現地調査(2010年11月20日~12月1日、済南-広州-北京、朱永浩)
  • 西南学院大学共同研究育成制度 共同研究ミニシンポジウム:中国東北地域の改革開放と経済・社会・思想の変容(2011年3月30日、福岡、朱永浩)
主な成果・報告書
担当 朱永浩研究員

ページの先頭へ

環境・エネルギー協力

クリーンエネルギー市場拡大とエネルギー安全保障

 

事業内容 世界3大エネルギー消費国(日米中)間の協力推進を目指すロードマップを描くことを試みた。
主な調査・会議・視察
  • ブルッキングス研究所・ERINA共催ワークショップ「Developing Clean Energy Markets: Toward China-Japan-U.S. Trilateral Cooperation」(2010年10月25日、ワシントン)
  • 2011北東アジア経済発展国際会議(NICE)イン新潟セッションA 中国クリーンエネルギー市場の拡大と国際協調(2011年2月15日、新潟)
  • 助成研究:【国際交流基金日米センター助成事業】クリーンエネルギー市場の拡大に向けた日米中3カ国協力の可能性
主な成果・報告書
担当 中村俊彦調査研究部長
伊藤庄一前研究主任

ポスト京都における北東アジア環境協力メカニズム

事業内容 メキシコでの気候変動会議(COP16)にオブザーバーとして参加し、地球温暖化問題の解決方向についての情報収集を行うとともに、研究交流のネットワークを拡大した。
主な調査・会議・視察
  • 持続可能なアジア太平洋国際フォーラム(ISAP2010)(2010年7月12日~13日、横浜、Sh.エンクバヤル)
  • 気候変動会議(COP16)(2010年11月29日~12月10日、カンクン、Sh.エンクバヤル)
  • 2011北東アジア経済発展国際会議(NICE)イン新潟 基調報告「ポスト京都議定書へのイニシアチブと北東アジア」(2011年2月15日、新潟)
主な成果・報告書
担当 Sh. エンクバヤル研究主任

ページの先頭へ

北東アジアの経済連携

東アジア経済統合と北東アジア

事業内容 東アジア共同体などの経済統合に向けた動きについて、FTAAP(アジア太平洋自由貿易地域構想)なども視野に入れつつ、分析を行った。
主な調査・会議・視察
  • GTAP第13回年次大会(2010年6月9日~11日、ペナン、中島朋義ほか)
  • ERINA、ASEAN事務局訪問(2010年6月14日~15日、ジャカルタ、中島朋義)
  • 仁荷大・富山大・ERINAワークショップ(2010年7月15日~16日、仁川、中島朋義ほか)
  • Asia Economic Community Forum 2010(2010年11月7日、仁川、中島朋義)
  • 現地調査(2010年12月17日~24日、カンボジア、中島朋義)
  • 富山大学第1回国際シンポジウム「東アジア「共生」学の探究―共に生き、共に学ぶ」(2011年2月14日、富山、中島朋義)
主な成果・報告書
  • 中島朋義「APEC」、青木健・馬田啓一編著『グローバル金融危機と世界経済の新秩序』、日本評論社、2010年11月
  • Tomoyoshi Nakajima, “APEC: The Future Prospects for a Bridge Spanning the Pacific”, Journal of Northeast Asia Development, Vol.12, University of Incheon, 2010年12月
担当 中島朋義研究主任

経済変革と北東アジア

事業内容 北朝鮮など北東アジア各国の経済体制の移行が地域全体にどのような影響を及ぼすか。国際共同研究を進め、関係各国の専門家による研究フォーラムの形成を目指した。
主な調査・会議・視察
  • ERINA・統一研究院・遼寧社会科学院共同セミナー(2010年5月9日、ソウル、三村光弘)
  • 現地調査(2010年6月9日~12日、丹東・琿春、三村光弘)
  • 現地調査(2010年8月7日~15日、延辺・羅先、三村光弘)
  • ERINA・統一研究院・遼寧社会科学院共同セミナー(2010年10月4日、新潟、三村光弘)
  • The U.S.-Japan Alliance and Evolving Challenges in East Asia: Freedom of Navigation and North Korea(2010年12月15日、ワシントン、三村光弘)
  • 現地調査(2011年3月11日~24日、瀋陽・平壌・北京・羅先・広州、三村光弘)
主な成果・報告書
  • 三村光弘「北朝鮮をとりまく境界 -北東アジアにおける新たな秩序形成の可能性」、『国際政治』162号、2010年12月
  • 三村光弘「北朝鮮経済動向と環日本海経済圏の展望 -中国と韓国や日本を結ぶ北朝鮮」、『日中経協ジャーナル』203号、2010年12月
担当 三村光弘研究主任

北東アジアにおける国際金融協力

事業内容 北東アジアにおける国際金融協力を実現するための条件や政策についての、重要な合意を提示した。
主な調査・会議・視察
  • ロシアの銀行セクターに関する所内セミナー(2010年10月1日)
  • 2011北東アジア経済発展国際会議(NICE)イン新潟 総括セッション「北東アジアの発展に向けた国際金融協力」(2011年2月16日、新潟)
  • 関連調査:【新潟県委託業務】北東アジアにおける国際金融協力調査
主な成果・報告書
担当 中島朋義研究主任

ページの先頭へ

基礎調査

北東アジア動向分析

北東アジア動向分析

事業内容 北東アジア各国の経済動向を示す基礎データを収集し、その分析を広く一般に提供するとともに、キーとなる経済動向には外部専門家を交えた重点分析を行った。
主な成果物
担当 中島朋義研究主任
三村光弘研究主任
Sh. エンクバヤル研究主任
伊藤庄一研究主任
新井洋史研究主任
朱永浩研究員
穆尭芊研究員

ページの先頭へ

中国経済

中国経済

事業内容 中国国内でも高い経済成長を遂げている東北地域の産業構造に関する研究を行い、その産業発展の全容と実態を明らかにし、情報提供を行った。
主な調査・会議・視察
  • 関連調査:【新潟県委託事業】中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展及びロシア極東におけるローカルプロジェクトの現状と県内企業の参画可能性調査
主な成果・報告書
  • 朱永浩・何為民「中国内モンゴル自治区における経済発展と内包する課題」、『北東アジア地域研究』第16号、北東アジア学会、2010年10月
  • 穆尭芊「中国における産業国際競争力の変化について―雁行形態中国国内版議論の批判的検討―」、『北東アジア地域研究』第16号、北東アジア学会、2010年10月
  • 「中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展」、2011年1月
担当 朱永浩研究員
穆尭芊研究員

ページの先頭へ

ロシア経済

ロシア(極東)経済

事業内容 東方戦略が進むロシア(東部)の経済基礎情報を提供するとともに、ロシア科学アカデミー極東支部、同ウラル支部、ERINAの国際共同ワークショップを開催した。
主な調査・会議・視察
  • 円卓会議「ウラル・極東・アジア太平洋地域:経済協力のベクトル」(12月2日、新潟、杉本侃ほか)
  • 関連調査:【新潟県委託事業】中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展及びロシア極東におけるローカルプロジェクトの現状と県内企業の参画可能性調査
主な成果・報告書
担当 新井洋史研究主任

ページの先頭へ

モンゴル経済

モンゴル経済

事業内容 鉱山開発などで注目されるモンゴル経済の調査を進め、北東アジア各国、日本経済との関係について分析を行った。
主な調査・会議・視察
  • GTAP第13回年次大会(2010年6月9日~11日、ペナン、Sh. エンクバヤルほか)
  • 新潟県モンゴル緑化推進技術協力事業(2010年6月26日~7月4日、モンゴル、Sh. エンクバヤル)
  • 新潟県モンゴル訪問団同行(2010年8月12日~18日モンゴル、Sh. エンクバヤル)
  • 現地調査(2010年8月19日~9月3日、モンゴル、Sh. エンクバヤル)
主な成果・報告書
担当 Sh. エンクバヤル研究主任

ページの先頭へ

韓国経済

韓国経済システム

事業内容 「韓国経済システム研究会」の開催を通じ、新たにOECD開発援助委員会メンバーとなった韓国の国内外の経済環境について、現状や課題を実証的に分析した。
主な調査・会議・視察
  • 韓国経済システム研究会(2010年5月22日、7月10日、10月30日、2011年3月5日、東京・新潟、中島朋義ほか)
  • 現地調査(2010年7月12日~13日、ソウル、中島朋義)
  • 現地調査(2010年11月10日~11日、ソウル、中島朋義)
担当 中島朋義研究主任

ページの先頭へ

北朝鮮経済

北朝鮮経済

事業内容 北朝鮮の労働新聞や研究者の論文の翻訳や、韓国などを通じて入手される情報などを整理・分析し、北朝鮮経済に関する確かな情報提供を行った。
主な調査・会議・視察
  • 韓国地域発展に関する大統領委員会2010国際会議(2010年7月7日~9日、済州島、三村光弘)
  • 慶應義塾大学東アジア研究所現代韓国研究センター定例セミナー(2010年10月19日、東京、三村光弘)
  • アジア法学会学術大会(2010年11月6日、高知、三村光弘)
  • 慶南大学極東問題研究所ワークショップ「北中経済関係と周辺国の視角」(2010年11月25日、ソウル、三村光弘)
主な成果・報告書
  • 三村光弘「朝鮮労働党代表者会の開催と今後の北朝鮮経済」『KDI Review of the North Korean Economy』 Vol. 12、No. 10、2010年10月
担当 三村光弘研究主任

ページの先頭へ

日本の地方経済

新潟と北東アジア

事業内容 委託事業を通じて、北東アジアと日本の地方経済との交流の課題や可能性を明らかにした。
主な調査・会議・視察
  • 関連調査:【新潟県委託事業】中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展及びロシア極東におけるローカルプロジェクトの現状と県内企業の参画可能性調査
  • 関連調査:【新潟県委託事業】新潟-極東ロシアコミューター航空会社関連情報収集に関する業務
  • 関連調査:【新潟県委託事業】中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展及びロシア極東におけるローカルプロジェクトの現状と県内企業の参画可能性調査
  • 関連調査:【新潟市委託事業】中国吉林省と新潟市との経済交流可能性調査
主な成果・報告書
  • 「新潟-極東ロシアコミューター航空会社関連情報収集に関する業務報告書」、2010年7月
  • 「中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展」、2011年1月
  • 「ロシア極東におけるローカルプロジェクトの現状と県内企業の参画可能性」、2011年3月
  • 「中国吉林省と新潟市との経済交流可能性調査報告書」、2011年3月
担当 杉本侃副所長
中村俊彦調査研究部長
佐藤尚経済交流部長
鈴木伸作特別研究員
前田奉司特別研究員
横地明宏特別研究員
新井洋史研究主任
朱永浩研究員
穆尭芊研究員

ページの先頭へ

経済協力支援

北東アジア経済情報の収集・発信

事業内容 北東アジア各地の経済政策、インフラ整備、貿易投資環境、法規変更など「北東アジア経済情報の収集・発信」のための情報ネットワークを構築するための準備を行った。
主な調査・会議・視察
  • 関連調査:【新潟県委託事業】中国東北と新潟県の産業連携と相互地域発展及びロシア極東におけるローカルプロジェクトの現状と県内企業の参画可能性調査
担当 杉本侃副所長
中村俊彦調査研究部長
佐藤尚経済交流部長
鈴木伸作特別研究員
前田奉司特別研究員
横地明宏特別研究員
新井洋史研究主任
朱永浩研究員
穆尭芊研究員