第1日目「北東アジア地域経済協力-今、そしてこれから」

第1日目 2022年1月25日(火)10:30~18:00
「北東アジア地域経済協力-今、そしてこれから」 

開催方式:会場、オンライン(Zoom)
会場:朱鷺メッセ4階マリンーホール
5カ国語(日英中韓ロ)同時通訳

敬称略

10:30~11:00 開会
主催者挨拶 新潟県知事、新潟市長、NICE実行委員長
来賓挨拶 外務省、経済産業省
11:00~12:00 特別講演
「北東アジア情勢-米中対立をどう展望するか?」
株式会社日本総合研究所 国際戦略研究所理事長
田中均
1969年京都大学法学部卒業後、外務省入省。オックスフォード大学より学士号・修士号(哲学・政治・経済)取得。北米局審議官、在サンフランシスコ日本国総領事、経済局長、アジア大洋州局長を経て、2002年より政務担当外務審議官を務め、2005年8月退官。アジア大洋州局長時代、史上初の日朝首脳会談・日朝平壌宣言を導いたことで知られる。同年9月より(公財)日本国際交流センターシニア・フェロー。2010年10月より(株)日本総合研究所国際戦略研究所理事長。2006年4月より2018年3月まで東京大学公共政策大学院客員教授。著書に『日本外交の朝鮮』(角川新書、2015年)、『見えない戦争』(中公新書ラクレ、2019年11月)等がある。2021年3月よりTwitter開始(@TanakaDiplpmat)。毎日リアルタイムで発信中。同年6月よりYouTubeチャンネル開始(@田中均の国際政治塾)
13:30~15:30 北東アジア経済セッション「北東アジア諸国の対東南アジア接近戦略」

中国の労働価格の上昇への対応やサプライチェーンの維持などのため、日本企業が東南アジアに生産拠点を設ける動きが具体化して久しい。また、他の北東アジア諸国にも同様の動きがみられる。ただし、北東アジア各国の東南アジアへの接近アプローチはそれぞれ異なっているものと思われる。経済面での対東南アジア接近戦略において、北東アジア各国間の差異、協力可能性や競合リスクについて、各国の専門家による議論を行う。

<パネリスト>
国士舘大学政経学部教授
助川成也
中国社会科学院アジア太平洋・全球戦略研究院副研究員
李天国
韓国対外経済政策研究院(KIEP)副研究委員
曺承辰(チョ・スンジン)
モスクワ国際関係大学ASEANセンター所長代理
コルドゥノワ・エカテリーナ
モンゴル国外務省アジア大洋州局長
サラントゴス・エルデネツォグト
<コーディネーター>
NICE実行委員長・ERINA代表理事
河合正弘
15:45~17:45 経済交流セッション「北東アジア物流の現状と展望―日本の地方港の利活用」

中国を中心に経済的に発展する北東アジア各国と相対する日本海沿岸の港湾の利用促進が各地で検討されている。コロナ禍、米中貿易摩擦下における国際物流の現状や最新動向を踏まえつつ、日本の地方港における物流の現状や課題を明らかにし、日本海沿岸地域の拠点性、優位性を再確認し、北東アジア物流の将来性および日本の地方港利活用の可能性を探る。

基調講演
東北学院大学教授
柳井雅也
<パネリスト>
北越コーポレーション株式会社取締役新潟工場長
大塚裕之
株式会社新潟国際貿易ターミナル代表取締役社長
青山正裕
FESCO統合輸送社ウラジオストク支社航路部長
ミハイロフ・ドミトリー
釜山港湾公社 マーケティング部長
李應赫(イ・ウンヒョク)
<コーディネーター>
ERINA経済交流部経済交流推進員
蔡聖錫
17:45~18:00 クロージング・リマーク
NICE実行委員長・ERINA代表理事
河合正弘

 

■参加申込 第1日目 2022年1月25日(火)
会場参加 Zoom参加
朱鷺メッセ4階マリンホール

申込締切:1月17日(月)

定員:100名(申込順)

会場参加申込はこちら>>

Zoom参加申込はこちら>>