瀋陽経済圏の形成と将来の発展

|中国

1. 瀋陽経済圏の成立

東北旧工業基地の振興には、広東が「珠江デルタ」を、上海が「長江デルタ」をリードするように、遼寧全省および東北地域の急成長を推進する新しい「推進母」が必要だ。瀋陽経済圏はその要請に応じて生じたもので、2003年から下準備が始まり、2005年4月に正式に公開された。

瀋陽経済圏は、瀋陽を中心とする瀋陽、鞍山、撫順、本渓、遼陽、鉄嶺、営口の7都市からなる遼寧中部都市群である。総人口は2,127.5万人(全省の51.1%)、総面積は65,028平方キロ(全省の43.9%)を占める。瀋陽は東北地域最大の中心都市であり、車で1時間以内にある鉄鋼の鞍山と本渓、石油化学の撫順、化学繊維の遼陽、エネルギー基地の鉄嶺、国内重要港の営口に支えられている。

表1 東北三省における瀋陽経済圏の主な指標(2003年末)

年末人口(万人) 総生産(億人民元) 固定資産投資総額(億人民元) 一定の規模以上工業総生産(億人民元) 郵便通信業の総収入(億人民元) 大学在籍人数(万人) 社会消費財小売総額(億人民元) 実行ベース外資導入額(億米ドル)
東北三省 10,680.3 12,955.1 4,274.9 11,685.3 682.9 122.6 4,817.5 75.1
瀋陽経済圏 2,127.5 3,611.9 1,125.0 3,229.0 174.7 28.86 1,327.2 29.3
割合 19.9% 27.9% 26.3% 27.6% 25.6% 23.5% 27.5% 39.0%

「同盟」形成以来、瀋陽経済圏の7都市は、合同で投資を誘致し、しばしば南方へ誘致に出かけて合同で人材募集を行い、瀋陽の人材市場において「瀋陽経済圏」として3ヶ月ごとに大型人材説明会を行って、7都市並びに省内の様々な企業や個人から注目された。また、商業貿易一体化もスタートし、7都市の商業局長が「遼寧中部都市群(瀋陽経済圏)の商業貿易物流業協力協議」に署名し、瀋陽の「第十一次五ヵ年計画」には、特別に瀋陽経済圏の建設を加速することのほか、電話番号を統一して、都市間に快速列車を運行開始するなどの項目が含まれた。

2. 瀋陽経済圏の優位性

(1) 重化学工業が集中する経済圏

重工業の総生産が全省の51.02%を占める瀋陽経済圏は、世界、国内先進レベルのNC旋盤、一般機器、大型プラントの製造能力が全省の70~90%を占め、全国でも有名な鉄鋼大手(鞍鋼、本鋼)2社、中型鉄鋼(北台鋼、撫順特鋼、新撫鋼)3社で年間2,400万トンを製造している。これは全省の95.8%以上、東北三省の77.1%にあたる。また、わが国北方の最大の石油化学工業基地、国家クラスの精製化学工業、化繊原料の製造基地でもある。石油加工は全省の1/3。

(2) 産業の補完性と関連性の高い経済圏

次は、瀋陽経済圏の重化学産業の枠組みが最初にできた時に産業の関連性に従って作られた、鉱山→エネルギー工業→冶金→機械設備産業の流れである。

Zhao6

(3) 科学教育が発達の経済圏

瀋陽経済圏(各市内)には大学が40ヵ所(全省の58%)、在籍人数が28.86万人(全省の56.15%)、専門技術者が80.1万人(全省の54.5%)で、100万人以上の熟練労働者が産業発展の基盤となった。

(4) 資源が豊富な経済圏

ここには全国の1/4の鉄鉱石、世界の1/4の冶金補助鉱マグネサイト、全省の1/2の石炭、100億m3以上の石炭ガス、36億m3の油母頁岩、埋蔵量が比較的大きい非金属鉱産物(例えば、セメント用石灰岩)などがある。それに加えて、遼寧省最大の食料基地と野菜生産基地でもある。

3. 瀋陽経済圏の産業クラスターの建設

瀋陽経済圏は、次の8大産業クラスターを基本に建設される。

(1) 自動車及びその部品加工産業クラスター

瀋陽「金盃」自動車及び「中順」自動車の研究開発と組み立てを中心に、鞍山、撫順、本渓、営口、遼陽、鉄嶺の6都市で自動車の部品産業を発展させる。

(2) 設備製造業産業クラスター

瀋陽の設備工業の実力を強め、その部品加工業を周辺地域と6都市に拡大、移転し、瀋陽大連高速道路(鉄道)を軸に、優位性のある設備工業の産業クラスターの建設に力を入れる。

(3) 石油化学工業及びその精製加工産業クラスター

撫順石油化学総公司の化工原料をもとに、瀋陽ほか6都市の開発区で、高付加価値の合成ゴム、工程プラスチック、洗剤、塗料、染料などの製造業を発展させる。

(4) 石油化繊原料及び精製化工産業クラスター

遼陽化繊公司をもとに、資金と技術の導入を進め、国内外の投資者を誘致し、化繊原料の精製加工を発展させる。

(5) 鉄鋼産業クラスター

鞍鋼と本鋼二大企業を統合し、瀋陽経済圏の鉄鋼産業とその加工業クラスター、遼寧省の鉄鉱工業の国内外の競争力をレベルアップする。

(6) 新建材産業クラスター

瀋陽大連高速道路を軸にした高付加価値のハイテク鋼材、プラスチックとアルミの省エネ新建材ーPVC、新型壁材料、防水材料、装飾材料、発光材料など新建材産業クラスター。

(7) 農産物精製加工産業クラスター

各市の農業、畜産業、林業、水産業の資源の比較優位性を利用し、トウモロコシ、大豆、果物、特産(山菜、野生果物、食用ガエルなど)、牧畜(肉、卵、乳)、野菜、水産品などの精製加工を発展させる。

(8) 漢方薬の産業クラスター

同経済圏の東部山地にある豊富な漢方薬資源を開発、活用し、漢方薬の製造栽培産業クラスターを建設する。

瀋陽経済圏は東北における外国投資の中心であり、東北の外資導入額の40%に近くが集中する遼寧省「五点一線」沿海対外開放戦略を支える重要地域でもある。遼寧省全体の対外開放戦略の実施に従い、この経済圏がきっと外国投資者に、より多くのチャンスを与えるだろう。