朝鮮の民俗通り、民俗公園

|朝鮮半島

民族性を大切にし、積極的に生かしている朝鮮民主主義人民共和国においては、黄海北道の沙里院(サリウォン)市に民俗通りを建設した後、最近平壌市に民俗公園を設けるための事業を推進している。

沙里院市の民俗通りは、朝鮮の悠久な歴史と優秀な民俗伝統を集約的に見せる立派な創造物であり、人民が楽しみに訪ねている文化休息の場所である。美しい景色の沙里院市の景岩(キョンアム)山の麓に位置している民俗通りは、中心区域と遊園地区域、住居区域に区分されている。

民俗通りに入るとすぐに目に映るのが、朝鮮式の瓦を葺いた建物だ。景岩山旅館をはじめとする民俗通りに建設された朝鮮式の建物は、各々の歴史的時期の特性に応じて瓦もその時代の形の特徴を持ち、屋根の形も多様に作られている。

民俗通りには、餅店、チジミ店、マッコリ店をはじめとする民俗料理店が並んで配置されており、特にマッコリ店でサービスされているマッコリはおいしくて、市民はもちろん外国人のお客さんたちも好んで訪ねる所になっている。民俗通りには、季節に関係なくユンノリ(双六のようなゲーム)と将棋、囲碁などができる室内娯楽場と野外娯楽場がそろっている。

民俗通りにおいて目立つところは、民俗遊び場である。ここには遺跡・遺物がたくさん展示されている。その中で代表的なものは、広開土王陵碑、瞻星台(チョムソンデ)、測雨器(チュグギ)、江西三墓の壁画、支石墓(ドルメン)などがある。民俗遊び場にある支石墓は、黄海北道燕灘郡にあったものを移設した。

民俗遊び場には、朝鮮の歴史を時期別に区分したモザイク壁画があり、その中で『東方の強国高句麗』が人々の目を引く。民俗遊び場の歴史遺跡・遺物と壁画は朝鮮民族が賢く、勇敢な民族であるという誇りを持って、民族の血統を屈せずに続けさせるように寄与している。

景岩山の頂に民俗通りをひと目で眺められるように建設した「先軍亭」は、景岩山の絶景で自慢になっている。数多くの人々が毎日訪ねてきて歴史遺跡・遺物を見回り、伝来の食べ物を味わいつつ、青少年学生と子供たちが民俗遊び場に集まって、チェギ遊び、たこあげ、ユンノリなど民俗娯楽と遊戯をしながら楽しく遊ぶことが、今日の沙里院市景岩山麓の新しい風景になっている。

平壌市大城山(テソンサン)地区に新しく造成される民俗公園は、朝鮮の歴史をよくわかるようにして、民俗、風俗を直接目で見て体験することができる一種の大きな博物館である。平壌民俗公園は、歴史総合教養区、歴史遺跡展示区、民俗村、民俗遊び区、民俗総合館とその他の経営管理区で構成されている。

歴史総合区には、原始時代から近代にいたる朝鮮民族の闘争と創造の歴史、該当時期の政治、経済、文化生活などをわかりやすく見せてくれる大型壁画形式の9個の直観版が設置されることになる。

歴史遺跡展示区には、檀君陵、広開土王陵碑をはじめとする朝鮮の代表的な歴史遺跡遺物80余りの対象が、実物大または縮小模型として展示され、チュチェ思想塔、凱旋門、西海閘門など先軍時代の記念碑的建築物が縮小されて配置される。民俗遊び区には、野外総合遊び場と室内遊び場が造成されることになる。

民俗村には、原始時代の草幕屋と古代時期の住居、高句麗と高麗時期の代表的な建物、李朝時期の住居と井戸、ひきうす小屋(バンアッカン)、薬屋、書堂をはじめとする生活関連建物50余棟を復元、分散配置して、復元した住居では地方を代表する民俗的な食べ物を作る工程を見せ、提供している。同時に、様々な草物製品、陶磁器、高麗薬、朝鮮服、石工芸品、書道、民俗遊び道具などの製作工程を見せることになるだろう。

民俗総合館には、朝鮮人民の労働生活、家庭生活、衣食住生活、民俗祝日、民俗遊び、民俗料理、美風良俗、民俗芸術と関連した歴史遺物と資料が総合的に展示されることになる。

平壌民俗公園には、参観者の食事と休息を保障することができる食堂と休憩所が造成されることになっており、復元する高麗時期の東明館と99部屋の住居は旅館として利用されることになる。

朝鮮労働党の賢明な指導の下で、特色のあるように建設された沙里院の民俗通りと、新しく立ち上ることになる平壌民俗公園は、学生と勤労者の歴史と民俗の常識を広め、彼らに民族的誇りと自負心を与えることに大いに貢献することになるだろう。

[朝鮮語の原稿をERINAにて翻訳]