モンゴルにおける人口の国内移動

|モンゴル

モンゴルの経済的・社会的発展は、過去20年間で急激な変化を遂げている。モンゴル経済の劇的な変化は、農業部門が直面する難しさを反映し、農村から都市への人口移動の基礎を作っている。

近年、モンゴルでは国内の人口移動が懸念材料となっている。しかし、この問題について、持続的な政策と研究的興味が話題に上るようになったのは、1990年代になってからであった。この関心の多くは、20世紀の初めにおいて、移動と農村からの大量脱出がウランバートルの成長にもたらす貢献によって刺激を受けた。

近い将来、国内移動の水準が下がるという兆しはなく、輸送インフラの改善と移動網の継続的な発達によって、ほとんど確実に増加の傾向をたどるであろう。

若い世代のモンゴル人の多くもまた、移動を増幅させるであろう。個人、共同体レベル双方での潜在的な移動の影響のために、移動を起こす要因、移動の影響、移動に対応する政策選びを理解することは重要である。このオピニオンへの寄稿は、その理解に貢献する。

[ERINAにて翻訳]