金沢駅構内に外貨両替開設 北陸で初出店

2015年03月11日

エリナのささやき

このコーナーの原稿ファイルの見出しに「0311」と入れるのは10回以上を数えると思いますが、「0311」が特別な日になってからは4年目を迎えました。4年前は金曜日のことでした。地震があって、東京からの来客と市役所で会うために万代島ビルの階段を1階まで降りたように思います。上越新幹線も止まり、東京からの来客は「その日は帰れませんでした」と後日、連絡がありました。エリナちゃんの場合は些細なことで済みましたが、一人一人に、さまざまな記憶があることでしょう。▼北陸新幹線の開通が迫ってきました。大勢の人が、どっと北陸にやってきます。東京から近くなり、逆に東京に呑み込まれないように、沿線にとってはこれからが正念場です。写真は、なんとなく、中国人が多かったパリの百貨店の人出。

百貨店も劇場みたい・・

地域ビジネス前線

◇金沢駅構内に外貨両替開設 北陸で初出店

外貨両替のトラベレックスジャパン(東京)は7日、金沢駅構内の日本旅行TiS支店内に「トラベレックスTiS金沢店」を開設する。北陸新幹線金沢開業による外国人観光客の増加を見込み北陸で初出店となる。

米ドルやユーロ、英ポンドのほか中国やタイ、ベトナム、マレーシアなど33通貨の外貨両替ができる。国際送金サービスなども提供する。トラベレックスグループ(本拠ロンドン)は世界中の告愛空港、主要都市で1,500店以上の直営店、1,200台以上のATMを運営。国内では67店舗目となる。(北陸中日新聞3月4日付より)