大仙市、訪韓を再開 綱引き縁の友好交流(秋田)

2015年04月10日

エリナのささやき

台湾からの観光客が多いことで話題の富山県の黒部アルペンアルペンルート。見事に除雪した雪洞には、多くの人が驚くのでしょう。オープンは来週16日とか。▼秋田県と岩手県を結ぶ八幡平アスピーテラインも17日にはオープンと伝えられています。おっ、新潟の奥只見丸山スキー場はもうオープンしているんだ。▼昨秋にドライブした秋田。白神山地を経て、仙北市(乳頭温泉、角館)から大仙市(大曲)を回りました。乳頭温泉のこの酒は、大仙市の産でしたか。

素朴な感じのお料理いろいろ・・

地域ビジネス前線

◇大仙市、訪韓を再開 綱引き縁の友好交流(秋田)

大仙市の栗林次美市長らは9日から5日間、友好交流協定を結んでいる韓国唐津(タンジン)市を訪問する。両市の交流は日韓関係の緊張を受けて一時中断しており、栗林市長の訪韓は1年4カ月ぶりとなる。昨年6月の選挙で選ばれたキム・ホンジャン市長を表敬訪問し、今後の交流について話し合う。

大仙市に「刈和野の大綱引き」、唐津市には「機池(キジ)市綱引き大会」という伝統的な綱引き大会があることが縁となり、両市は2007年に友好交流協定を締結。青少年の相互訪問などを進めてきた。(秋田魁新報4月4日付より)