ハーレー愛好者、快走 台湾の団体が輪島、和倉へ(石川)

2015年04月17日

エリナのささやき

亡くなられた愛川欣也さんで思い出すのは、エリナちゃんの場合、ラジオ深夜番組「パックインミュージック」です。大学受験を前に、ひたすら起きている夜中に聞くのは、パックインミュージックかオールナイトニッポン。野沢那智さんが数年前に亡くなり、今度は愛川欣也さん…。▼その頃、愛川さんは「11PM」水曜の司会もしていて、その後、その司会は所ジョージさんにバトンタッチ。所さんといえば、ハーレー愛好者。ということで、話題は(無理やり)地域ビジネス前線へ。▼豪州QLDでもハーレー軍団と遭遇。素顔はやさしいおじさん、おばさんたちでした。

ライダースジャケット、ステキ!

地域ビジネス前線

◇ハーレー愛好者、快走 台湾の団体が輪島、和倉へ(石川)

米国ハーレーダビッドソン社製バイクの台湾の愛好者らが14日、金沢市の専門ショップで「ハーレー」をレンタルし、能登ツーリングを楽しんだ。国と連携する民間のドラゴンルート(昇龍道)推進協議会(多田邦彦会長)の働きかけで昨春に続き実現。石川など昇龍道沿線の魅力を味わってもらい、世界各地の愛好者誘致につなげたい考えだ。

訪れたのは台湾の3つの愛好者団体ら約40人。一行は、日本で唯一、砂浜をバイクや車で走行できる千里浜なぎさドライブウェイを走った後、気多大社や輪島市の漆器工房を見学。一泊する和倉温泉まで走った。15日は岐阜県高山市まで足を延ばし、春の高山祭を楽しむ予定。(北陸中日新聞4月15日付より)