台湾からチャーター便 観光客「食や桜楽しみ」(秋田)

2015年04月20日

エリナのささやき

わが家には、道路に面して黄金マサキの生垣があります。年中、黄葉しているような色合いが鮮やかで、内心なかなか気に入っているのですが、葉がたくさん落ちるのが玉にキズ。成長も早くて道路にはみ出てくるので、きのう鋏を入れました。作業していると、「いつもこんなに黄色いのですか」とか「その切った葉を分けてもらえますか」とか、ずいぶん話しかけられます。皆さん、この黄色が目についていたのですね。▼こちらは県民会館前。この1週間で散った桜がピンクの絨毯に。

今年は桜の期間が短かったような・・

地域ビジネス前線

◇台湾からチャーター便 観光客「食や桜楽しみ」(秋田)

台湾人観光客178人を乗せた台湾・エバー航空のチャーター便が14日、秋田空港に到着し、なまはげやあきた観光レディーの歓迎を受けた。花見シーズンに合わせたもので、ほかに来月2日までエバー航空と中華航空のチャーター便計16便が運航される。

観光客はツアーごとに目的地に分かれ、4泊5日の日程で仙北市角館の武家屋敷や千秋公園(秋田市)を回って桜を楽しむほか、秋田内陸縦貫鉄道の乗車を予定。仙台市や花巻市など東北各地を巡るグループもある。(秋田魁新報4月15日付より)