交流人口500万人めざす 日台観光サミットin山形

2015年06月05日

エリナのささやき

右側通行している自転車がまだ目につくのですが、たしか「危険行為」のはず。▼バス専用レーンを守らないクルマ、ウィンカーを出さないで曲がるクルマ、内回りすぎるクルマ等々、クルマの運転マナーの悪さもますますひどくなっているように思います。ネズミ取りだけが警察の仕事ではないはず。▼ネズミを捕る猫はいい猫、と言ったのは鄧小平。こいつはどうかな。野良猫も居ついてしまったという沼垂テラスの八百屋さん。居心地いいのだろうな。

のんびり・・

地域ビジネス前線

◇交流人口500万人めざす 日台観光サミットin山形

日本と台湾の相互交流を目的とした第8回日台観光サミットのメーン会議が29日、山形市のホテルメトロポリタン山形で開かれた。双方の観光に関わる機関、企業、団体のトップら約210人が出席。交流人口500万人の実現と満足度の高い旅行環境整備のため、地方を含めた広域観光や若者世代の交流促進に積極的に取り組むことなどで合意した。

サミットは2008年から日本と台湾で交互に開催している。07年の双方向の交流人口は255万人だったが、14年には446万人まで増加した。14年の台湾から日本への旅行者は283万人(日本政府観光局)で、訪日外国人旅行者の中で最も多い。(山形新聞5月30日付より)