小松-台北便 エバー航空、貨物本格化(石川)

2015年06月10日

エリナのささやき

わが家のPCは、エリナちゃんのものもMのものも、Windows7の上に画面が写らなくなったり、固まったり、もう潮時。ということで、長く頑張ってきたプリンターとともに買い換えました。エリナちゃんは普通のノート、Mは持ち歩くのでSurface。Windows8.1って、タブロイド的スタート画面と、従来のPC的デスクトップ画面の両方あるのですね。エリナちゃんはOffice使うし、これまでのメルアドも使うし、断然デスクトップ画面利用。スタート画面、全然慣れないし。古い人間だなぁ。▼曇り空でも映えるバンクーバー港あたりの風景。また行けることがあるかしら…。

Surface・・・使ってみたいです

地域ビジネス前線

◇小松-台北便 エバー航空、貨物本格化(石川)

小松空港で小松-台北便を毎日運航するエバー航空(台湾)は、4月から試験的に実施していた貨物輸送を1日から本格的に始めた。この日、空港で貨物輸送開始の記念セレモニーがあり、同空港や県の関係者ら50人が新たな輸送路の開拓を祝った。

エバー航空は、昨年2月の旅客機の大型化により広くなった機体下部のスペースを利用して、4月から貨物輸送を開始。試験輸送を始めると、県内企業から機械部品や電子部品などの輸送受注があり、需要が見込めるとみて本格的な実施にいたった。輸送量は1便で最大1.5トン。(北陸中日新聞6月2日付より)