ウラジオLNG工場建設見送り 県、影響確認へ情報収集(新潟)

2015年07月08日

エリナのささやき

変わりやすいものを喩えて「女心と秋の空」などと言いますが、今年の夏の天気はさっぱり訳が分かりません。東京に青空が広がらないそうですが、昨日までの新潟は梅雨かどうかも怪しいぐらい雨が降らず、九州は大雨、韓国は干ばつ。3つまとめて南方海上にうろつく台風はどこへ向かうのやら。▼変わりやすいものといえば、ロシアで作られるさまざまな計画もそんな感じが否めないけれど…。▼何やら工事が始まったかな、という頃のウラジオストクの展望台あたり。この横断橋はちゃんと出来ました。

地域ビジネス前線

◇ウラジオLNG工場建設見送り 県、影響確認へ情報収集(新潟)

梅雨とは思えない天候。でも、ベガとアルタイルを見ることもできず・・・同社の方針転換がどう影響するか、県も情報収集を進めている。

ガスプロムがLNG計画への熱意を失った背景には、パイプライン(PL)での中国への供給を優先する考えがあるとみられる。本県は新潟東港、直江津港にLNG受入基地があり、首都圏や仙台につながる既設のPLと合わせて、ロシアから日本の大消費地へガスを供給する最短ルートになり得る。また、県はウラジオ付近から気体のまま天然ガスを輸入する日本海横断PLを構想。PLでの輸入は、LNGの方針転換は直接影響しないが、ガスプロムが輸出を中国向けに特化させると影響を受ける可能性もある。(新潟日報6月30日付より)