鳥取県 ロ沿海地方と貿易協定

2015年08月04日

エリナのささやき

来年4月から、家庭でも電気を買う会社を自由に選べる電力自由化がスタートします。その「電力自由化」を前に、きのうから電力を売る企業の登録手続きが始まりました。これまでの電力会社に加え、石油会社、ガス会社だけでなく、通信、住宅、商社などが参入しそうだとか。料金プランはまだ分からないのですが、安くなるのかなぁ。ポイント制だのなんだのって複雑化するのかなぁ。環境にやさしいエネルギーを選べたりするのかなぁ。▼掘り出し物の出張写真シリーズ。2000年3月のウラジオストク、いまはもうない展望台へのケーブルカー。

15年って、変わりますよね・・

地域ビジネス前線

◇鳥取県 ロ沿海地方と貿易協定

鳥取県と日本貿易振興機構(ジェトロ)鳥取は27日、ロシア極東・沿海地方を管轄する沿海地方行政府と貿易・投資の発展に関する協力協定を結んだ。両地域の中小企業が参加する商談会などを企画し、新規ビジネスの創出につなげる。

沿海地方の中心都市、ウラジオストク市と境港の間には、日韓ロ定期貨客船が就航しており、1991年に交流協定を結んでいる。貿易、投資分野の協定を新たに結び、経済分野の交流を活発化させることにした。(山陰中央新報7月28日付より)