ハルビン線、減便で調整 来月から週5便に(新潟)

2015年09月18日

エリナのささやき

アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく、とひと頃言われましたが、チリに地震があると日本にも津波が来る、というのは地理的な距離を超えた自然の驚異。人間社会は小さいな、と思います。▼アラスカ・ノームを舞台にしたホラーSF映画「フォース・カインド」(「第4種接近」の意)。実話と信じるかどうかはともかく、この映画をアラスカに行く前には見たら、怖くて眠れないかも。宇宙の脅威の前では、人間はどうしようもなく小さい。▼紅葉のマタヌスカ氷河。自然は大きい。

地域ビジネス前線

◇ハルビン線、減便で調整 来月から週5便に(新潟)

新潟空港発着の中国・ハルビン定期便を運航する中国南方航空が、現在週7往復している新潟-ハルビン線を10月25日から5往復に減便する方向で調整していることが11日、分かった。10~12月が閑散期に当たることや、同社が10月から成田空港にハルビン線を就航させる影響とみられる。

空港関係者によると、成田便が飛ぶ火、土曜の往復便を減らす検討が進んでいる。新潟-ハルビン線は円安を背景とした訪日観光客の増加を受け、ことし7月に週4往復から6往復に増便。さらに9月1日から、1998年6月の就航以来初めて週7往復の毎日運航になったばかりだった。(新潟日報9月12日付より)