中小も韓国進出を 日韓共創セミナー(北陸)

2015年09月29日

エリナのささやき

今年から就活の日程が繰り下げられ、会社説明会が大学3年生の12月から3月に、選考が大学4年生の4月から8月になりました。けれど、フライングがあったり、内定の辞退者が相次いだり、実態は矛盾が多いようです。今も昔も変わりませんね。エリナちゃんのように12月にようやく就職が決まるようなテキトーな学生はいるのかな。▼学生時代以来、およそ40年ぶりに訪れたアラスカ・デナリハイウエイ。「初めて日本人を見た」と言われたこの辺りは、本当に美しい。故・星野道夫さんが「ワイン色」と表現した紅葉のアラスカ平原です。

地域ビジネス前線

◇中小も韓国進出を 日韓共創セミナー(北陸)

北陸経済連合会(金沢市)などは17日、韓国・大韓貿易投資振興公社(KOTRA)らと共催で「韓国との共創セミナー」を金沢市のホテルで開いた。北陸地方と韓国の企業が連携を深め、双方が積極的な投資を行える環境を整備するのが目的で、両国の企業・経済団体関係者ら約40人が出席した。

セミナーは昨年10月に始まり今回、2回目。韓国側の説明を中心に行われ、キム・ヒョンテKOTRA名古屋貿易館長が「韓国には安い敷地や高い産業技術がある。日本企業が成功できるよう最善を尽くす」と、北陸の企業に投資をアピールした。(北陸中日新聞9月18日付より)