韓国TV鳥取ロケ、県が招待 温泉、グルメの旅番組

2015年11月13日

エリナのささやき

初飛行に成功したMRJが国の内外で話題です。MRJとは、三菱リージョナルジェット。航続距離4000キロの地域小型ジェット機で、カナダの「ボンバルディア」やロシアの「スホイ」と競合するクラスですが、海外で話題になっているのは、あの「ゼロ戦」を飛ばした三菱が再び航空機を開発したことのようです。新潟など日本の地方では、膨大な部品生産にいかに参加するか、ということが話題の中心の様子。いずれにしろ、飛行機って男子の想像力を掻き立てますね。▼ロシアのK氏、今年は残念ながら「日露エネルギー・環境対話」に来られなかったけれど、昨年はプライベート・ジェットで新潟に飛んできました。

地域ビジネス前線

◇韓国TV鳥取ロケ、県が招待 温泉、グルメの旅番組

韓国首都圏最大手のケーブルテレビ局C&Mメディアワンの取材班が1~5日、県内で旅番組のロケをした。「温泉」「グルメ」をテーマにした旅番組を三朝温泉(三朝町)や皆生温泉(米子市)で収録した。

同社と県、中海テレビ放送の3者で3年前、鳥取を韓国内で紹介する基本合意書を交わしており、ロケは今回が7回目。米子ソウル便の利用促進などを目的に、県が撮影スタッフを招いた。収録した映像で30分番組を2本制作し、ケーブルテレビに加入する270万世帯に向けて12月に放送する。(山陰中央新報11月6日付より)