青森、函館-杭州便 県、路線活性化対策費補正へ

2015年11月26日

エリナのささやき

もうとっくに亡くなられていたのかと思っていた大女優・原節子さんが、本当に亡くなられました。それほど伝説的な方で、実際、もう50年以上も世の中に現れていなかったそうです。すでに他界したエリナちゃんの父よりも2歳年上、意外に身近な存在だったのかもしれません。▼10年前に出会ったパースの夕焼け。遥かな大陸・オーストラリアの違いを感じた瞬間の一つです。定期便があった頃は11時間ほどのフライトで行ったパースも、いまは定期便はなく、1日がかりで行く感じです。

地域ビジネス前線

◇青森、函館-杭州便 県、路線活性化対策費補正へ

青森、函館両空港と中国・杭州をそれぞれ結ぶ、新たな国際定期便が来年1月下旬から就航することが決まり、中国人観光客の入り込み増や周遊による青函交流圏のさらなる充実が期待されている。県は19日、杭州での本県PRなど対策事業費約1700万円を本年度一般会計補正予算案に盛り込むことを発表。本県初の中国定期便の路線活性化へ積極的に支援する方針を示した。

補正予算案に計上する対策事業費1723万円の内容は(1)中国の旅行会社に対する宿泊助成(1人1泊につき1500円)(2)杭州での本県の知名度向上へ、現地旅行会社とのタイアップ広告(3)杭州での本県PRポスター掲示(4)現地旅行社の関係者招待-など。(東奥日報11月20日付より)