津軽海峡経由は19航行 北極海-北東アジア7~11月(青森)

2016年01月05日

エリナのささやき

異常気象は日本にとどまらないようです。イタリアではほぼ雨の降らない日が1カ月半も続き、大気汚染も深刻化しているとか。年末、ローマでは市中心部への車両の乗り入れを規制し、ナンバー末尾の奇数、偶数に応じて1日おきに通行禁止。ミラノでは3日間、すべての自家用車の通行を原則禁止したほか、家庭の暖房の設定温度を18度以下にするよう呼びかけているとか。18度は、かなり寒い。力を合わせて地球環境を守らねば。▼今年の目標の一つは、瀬戸内芸術祭に行くこと。エリナちゃん、四国初上陸になります。Mに届いた北川フラムさんの年賀状が感動的。年賀状は、この(↓)方々が大地の芸術祭作品を前に実際に並んでいる写真でした。

瀬戸内は新潟にはない風景が・・逆も言えるのになぁ・・

地域ビジネス前線

◇津軽海峡経由は19航行 北極海-北東アジア7~11月(青森)

県は24日、アジアと欧州を結ぶ最短航路として期待される北極海航路に関する宇宙航空研究機構(JAXA)などとの共同研究の分析として、今年1~11月に北極海(ロシア側)-北東アジア間を航行した船舶が123あり、このうち少なくとも19航行が津軽海峡を経由したことを確認したと発表した。県は同航路の商業利用が始まっていることを示唆するデータとみており、引き続きデータの蓄積を図りたい考えだ。

123航行の内訳は、バルク船、タンカーなどの貨物船が86航行、客船が2航行、その他35航行。県港湾空港課によると、津軽海峡を通過した19航行の船舶はロシア国内や米アラスカ州などを発着地とし、鉄鋼を運ぶバルク船が多いとみられるという。(東奥日報12月24日付より)