外国人宿泊者数 上期2万8400人最下位脱出(島根)

2016年10月13日

エリナのささやき

わが家では昨日、暖房が入ってしまいました。いまはもう秋、です。▼10日前はまだ暑かった五個荘の近江商人屋敷あたり。ここでロケした『べっぴんさん』の放送を前に、今朝の『ごちそうさん』でも、この町の風景が出てきました。そうか、ここで何度もロケをしているんだ。▼電線や電柱が埋設されていると、風景がずいぶん落ち着くでしょうね。ロケや放送の時はどうしていたのかな。

消したんでしょうね・・

地域ビジネス前線

◇外国人宿泊者数 上期2万8400人最下位脱出(島根)

島根県の2016年1~6月の外国人延べ宿泊者数(観光庁統計、速報値)が、前年同期比66.0%増の2万8400人となった。香港からの客の伸びがけん引し、秋田県を抑えて全国46位につけた。9月に運航開始した米子-香港便を追い風に下期の伸びが期待され、年間で9年連続の全国最下位から脱出する兆しが見えている。

島根県の国籍別の宿泊者数(従業員10人以上の施設)は、1位が台湾の4720人(前年同期比21.3%増)、2位が韓国の3870人(同55.4%増)。香港は3位だったものの、約2.5倍増の2480人急増。15年8月、10月に広島空港、今年3月に岡山空港にそれぞれ香港便が就航したことや、現地での島根県の認知度が高まっていることなどが要因とみられる。(山陰中央新報10月7日付より)