韓国の旅行者 本県ツアーをTV初販売(新潟)

2016年11月01日

エリナのささやき

石川県の新聞報道に、外国人の万引検挙件数が昨年、3年前の10倍強になる102件と急増したというニュースがありました。石川県に限らず、国際化が進むと負の部分も出てきて、それはそれで対策を考えていかなければなりません。▼こちら新潟市は先週末、「がたふぇす」(にいがたアニメ・マンガ・フェスティバル)にハロウィンが重なって、おじさんの目には正体不明、国籍不明の怪人・妖女たちがゾロゾロ。そういうおじさんだってかつて、グアムのハロウィンで仮装大賞をもらったのが自慢だったりして。▼明日は「第9回日露エネルギー・環境対話イン新潟」でこのコーナーはお休み。さぁ会議の準備、準備。

地域ビジネス前線

◇韓国の旅行者 本県ツアーをTV初販売(新潟)

韓国の大手旅行社が、県内を巡る観光ツアーをテレビショッピングで初めて売り出す。韓国の専門チャンネルで29日午前2時から1時間、放映される予定。先立って、テレビで流す映像取材が、新発田市など県内各地で行われた。本県へのインバウンド(訪日観光客)誘致の一助として期待される。

県によると、別の韓国旅行社2社も今後、同様の企画・取材で県内を訪れる計画。背景には、大韓航空が週5便運航する新潟-ソウル(仁川)線が10月末から週3便に減る一方、朝に仁川、午後に新潟空港を出発するダイヤ変更で韓国人観光客らが新潟を訪問しやすくなる点が挙げられる。(新潟日報10月26日付より)