「旅行会社の要請受けた」 青森-天津線就航申請

2016年11月21日

エリナのささやき

法務省によると、日本で学ぶ留学生は2015年末で約24万6千人。15年に日本で就職した留学生は1万5657人で過去最多だったそうです。留学生の6.5%がそのまま日本で就職する計算です。▼就職とは違うのですが、消防団員の数が減ってきているそうです。そんな中、土曜は長岡市で「学生消防団員の制度化に向けた意見交換会」がありました。消防団員経験がなく、消防士と消防団の区別さえよく分からないエリナちゃん、勉強になりました。そこで実施したクロスロードゲームの例題。あなたなら、どうする?▼あなたは消防団員です。40分後に津波が到来するという警報が10分前に発令され、その後10分で地域の人を避難所に誘導できました。しかし、1家族4人の姿がありません。あなたは探しに戻りますか。

戻ると思います・・

地域ビジネス前線

◇「旅行会社の要請受けた」 青森-天津線就航申請

青森-天津(中国)間を週2往復する定期路線の開設計画が明らかになった中国の航空会社「奥凱(オーケー)航空」(本社北京市)の日本代理店は14日、本社取材に対し、就航の理由について「『観光客のニーズがある』と中国の旅行会社から要請を受けたため」と説明。運航開始時期は「まだ流動的だが、早ければ来年1月下旬から2月上旬」との見通しを示した。

同航空の日本代表事務所を務めるインターアビエーション・ジャパン(千葉県)によると、現在申請中の中国民用航空局から許可が出れば、国土交通省に路線開設を申請するという。(東奥日報11月15日付より)