「まちおこし」魂、中国に 瀋陽でバラゼミ畑中さん講演(青森)

2016年12月28日

エリナのささやき

クルマの通行量がめっきり減った感の今朝の通勤路。エリナちゃんも今日で仕事納めです。1年間、エリナのささやきと地域ビジネス前線にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。▼今年最後の写真は、これで見納め、旧大和デパート新潟店。パチンコ店の上だった辺り。そうそう、こんな感じだったですよね。新潟の中心市街地の来年はどうなるでしょう。▼今年最後のお知らせ。新年1月17日(火)はERINA賛助会セミナー「新潟駅周辺整備事業の現状と将来像」、2月14日(火)~15日(水)は「2017北東アジア経済発展国際会議(NICE)イン新潟」。大勢の皆さんのご参加をお待ちしております。

地域ビジネス前線

◇「まちおこし」魂、中国に 瀋陽でバラゼミ畑中さん講演(青森)

十和田バラゼミナール(バラゼミ)の畑中宏之舌校長(ぜっこうちょう)とメンバーら4人が20日、中国・瀋陽市を訪問した。畑中さんは現地の遼寧大学で「まちおこし」をテーマに講演し、十和田バラ焼きをツールとした取り組みを紹介した。

一行を招いたのは在瀋陽日本国総領事館。同領事館は、中国の地方都市にはない「ご当地グルメ」と「「まちおこし」という理念を広げ、中国の発展や日中関係の強化につなげようと、ご当地グルメでまちおこしの祭典「B-1グランプリ」でゴールドグランプリに輝いた経験のあるバラゼミに協力を仰ぐことにした。(東奥日報12月21日付より)