訪日客「20%以上」目標9.1% 本県、積極受入れ(山形)

2017年03月13日

エリナのささやき

今朝の万代島の駐車場が早くから混んでいたのは、所得税確定申告の期限の15日が迫って来たからでしょうか。心当たりの方はお忘れなく。▼新潟恒例の冬の大イベント「にいがた酒の陣」が週末にありました。エリナちゃんも土曜に北陸からのお客様とともに参戦。今年の入所者数は2日間で13万人。新潟県外のお客様がますます増えている印象。人出が増え、酒の種類も酒の陣限定酒などさまざまに増えているようです。▼いろいろ飲んで購入を決めた今年の2本。家でゆっくり味わいたい。

地域ビジネス前線

◇訪日客「20%以上」目標9.1% 本県、積極受入れ(山形)

日本政策投資銀行東北支店と東北観光推進機構は7日、東北6県と新潟県の旅館・ホテルを対象にしたインバウンド(海外からの旅行)誘致の取り組みに関する初の調査結果を公表した。外国人客の受け入れ比率は全体の8割以上が「5%未満」と低いものの、本県では「20%以上」を目指す施設が9.1%と7県で最も高かった。インバウンドのトップシーズンは5県が10月だが、本県と新潟県のみ雪の2月に集中するという特色も現れた。

今後注力するターゲットでは、全体の43.5%(206施設)が「個人客」とし、26.4%(125施設)が「特に決めていない・形態にはこだわらない」、「団体客」が26.2%(124施設)と回答した。本県は「個人客」が49.4%(38施設)と最も多かった。(山形新聞3月8日付より)