漁業区画分配目的の電子商取引サイトができる

2017年04月06日

エリナのささやき

50歳まで一度も結婚したことがない「生涯未婚率」がグングン上昇しているようです。2015年に男性で4人に一人(23.37%)、女性で7人に一人(14.06%)という思いがけない高率。1990年代前半までは男女とも10%もいなかったというのですから、大変。中年婚活に頑張っている人も多いのでは…。▼こちらのペア(↓)は男同士でザルビノ沖の海中へ。1994年のビデオから。当時の話では、この辺はホタテの養殖が盛んだとか。養殖モノを無断で獲ってはいけないので、ウニやナマコを引き上げてきました。▼きょうの海外ビジネス情報は、ロシア極東の養殖漁業区画の取引サイトの話題。こちらと同じ同じ日本海、おいしいものが獲れますように。

海外ビジネス情報

◇漁業区画分配目的の電子商取引サイトができる

養殖漁業区画の分配と栽培・養殖漁業の振興を目的とする電子商取引サイトが6~7月に始動する。ロシアのユーリー・トルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表が「ロシースカヤ・ガゼータ」紙にこのように述べた。

このインターネットポータルがいつ始動するのかという質問に対し、副首相は「夏に全て始動することを期待している。外国人投資家にも理解できるように、ポータルの情報は外国語に翻訳される」と答えた。

このネットサービスは、極東連邦管区の適当な養殖漁業区画のインタラクティブマップになっている。興味のある投資家は誰でも、「ワンストップ」体制で、まず養殖漁業をやりたい地域を選択し、さらにそこでの養殖漁業区画を発起することができる。

2017年には極東連邦管区の適当な養殖漁業区画の30%が、投資家の活用に提供されることになっている。投資家は必要に応じて、極東発展基金から利息5%で資金を借り入れて、養殖漁業区画の調査や開発の活動に資金を調達することができる。(ロシースカヤ・ガゼータ3月22日)