ウラジオでインド系ダイヤモンド研磨工房が操業を開始

2017年09月22日

エリナのささやき

昨日は日揮㈱の営業本部長スタッフ加藤氏を招いての賛助会セミナーでした。今、対ロシアビジネスの最前線を行く企業、担当営業の方の話ですから、説得力のある内容でした。「日本の経済協力に安倍首相は“よくぞここまで”、ロシア側の思いは“まだまだ”」「請負業者と投資家ではロシア側の扱いがまるで違う」「ロシアは古くて新しい市場」等々。安倍首相のスピーチは背後の映像とピタッ、ピタッと合うそうで、政治家のプレゼンテーションに負けちゃいられませんね。▼ということで、きょうの海外ビジネス情報は、東方経済フォーラムの総括報道など。▼10年前、いまは東方経済フォーラムの会場ともなっている極東連邦大学キャンパス建設前のルースキー島からウラジオ市街を望むところ(↓)。

海外ビジネス情報

◇ウラジオでインド系ダイヤモンド研磨工房が操業を開始

インドのKGKグループ傘下の「KGK DV」社がウラジオストク自由港の入居企業としてダイヤモンド研磨工房の操業を開始した。事業投資総額は4億9600万ルーブル。沿海地方の新しい製造施設の盛大な開所式が東方経済フォーラム会期中に行われた。

極東開発省広報室の発表によると、閉鎖循環式の工場では毎月、最大9000カラットのダイヤモンド原石の加工が行われる予定だ。ダイヤモンド原石はALROSA社が仕入れる。カットダイヤモンドの輸送、保管、護送のサービスは、ユーラシアダイヤモンドセンターほか、ウラジオストク自由港の入居企業が提供する。

KGKグループのサンディプ・コタリ・マネージングディレクターによれば、この工場はロシアで3つ目になる。先の2つはモスクワとヤクーツクで操業している。ウラジオストクは、アジア太平洋諸国へのカットダイヤモンドの販売にとって経済的に有利な地域なので、ここに3つ目の工房を設置することに決めたのだという。同社は今年、生産要員として250人程度の雇用を予定しており、2020年までに作業員の数を500人まで増やすことにしている。

これまでの報道によると、2017年に工場では1カ月当たり最大3000カラットを加工する。月量8300カラットのフル操業に入るのは2018年以降になる。(NEDRADV 9月11日)

 

◇第3回東方経済フォーラム総括

2017年9月6~7日にウラジオストクで開催された第3回東方経済フォーラム(EEF)の枠内で、26社がウラジオストク自由港とロシア極東の先行経済発展区の入居資格を取得した。

投資家たちと極東開発公社との協定書の署名式は、ユーリー・トルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表、アレクサンドル・ガルシカロシア連邦極東開発大臣の臨席のもと、行われた。プロジェクトの出資総額は1.6兆ルーブル強になる。投資プロジェクトの実施によって、ロシア極東地域に9700人分の新規雇用の創出が可能となる。先行経済発展区(TOR)では10社がそれぞれのプロジェクトを始動させることになる。

東方石油化学会社(VNKhK)が「石油化学」TORの最初の入居者となった。同社はユーロ5を満たすエンジン用燃料と幅広いブランドの工業用・日用・医療用品製造用ポリマー製品(ポリエチレン、ポリプロピレン)等の石油化学製品製造のための石油精製・石油化学複合施設を建設するプロジェクトを実施する方針だ。

ガスプロム・ペレラボトカ・ブラゴベシチェンスク社は「スボボドヌイ」TORでアムールガス加工工場建設プロジェクトを実行している。アムールガス加工工場はロシア最大規模で、世界の大規模天然ガス精製プラントの一つ(設計上のガス加工能力は年間420億立方メートル)となるだろう。ガス加工工場の構成には、世界最大級のヘリウム工場(年間6000万立方メートル)も含まれている。

「ミハイロフスキー」TORには大型畜産複合施設ができる。このプロジェクトの投資家は、ベトナムの大手アグロホールディングの一つ、THグループだ。このTORにはフルサイクルの複合酪農施設ができる。また、EEFでは沿海地方におけるこの投資プログラムの実行を目的とする五者協定書が署名された。

「ナデジディンスカヤ」TORではMAZDA SOLLERS Manufacturing Rus社が自動車とエンジン(マツダSkyActiv-G)の工場(組立て、エンジンの基本コンポーネントのマシニングを含む)の建設と設備更新の投資プロジェクトを計画している。このプロジェクトの枠内で、同社は工場のエンジン生産力を年間5万個に乗せる予定だ。

9月5日にはEEFの枠内でさらに4社が「ナデジディンスカヤ」TORの入居資格を取得した。これらの協定はロシア極東の先行経済発展区の投資機会プレゼンテーションの場で行われた。

「ユジナヤ」TORではトランス・ノルド社がユジノサハリンスク市内に工業団地をつくる。「コムソモリスク」TORではRFP Wood Pelletsが燃料ペレット工場をつくる。

他方、ウラジオストク自由港には16件の新規投資プロジェクトが加わった。入居者は最新式集合住宅、商業施設、ホテル、医療拠点の建設事業や、学校・幼稚園・商業娯楽複合施設等の地域総合開発事業を実施する。

沿海地方のウラジオストク自由港域内では「ゴルフパークDV」と「クリスタル・ゴルフ・クラブ」が2つの大型ゴルフ場をつくる。「沿海地方競馬場」は総合競馬場をつくる。(極東開発省HP 9月11日)