• /
  • /
  • /
  • 第1回シルクロード沿線民間組織協力ネットワークフォーラムが北京で開幕

第1回シルクロード沿線民間組織協力ネットワークフォーラムが北京で開幕

2017年12月01日

エリナのささやき

今日の海外ビジネス情報では、中国などシルクロード沿線国の民間組織ネットワークの話題が取り上げられています。共産党の影響力が強い中国で、民間組織はいったいどのくらい“Non Governmental”なのでしょうか。JICAやCLAIRの情報を見ると、中国でも実に多くのNGOが登録されているようです。それらは日本や一般的な国際社会でいうNGOとは少し肌合いが違うのでしょうか。きちんと勉強しなくてはなりませんね。▼わが家の庭を隅切りして歩道側に作ったベンチは、ご近所の方がけっこう座ってくださるようです。バス停でさえベンチを見かけることが少ない新潟で、小さなベンチが役立っているようで何よりです。

海外ビジネス情報

◇第1回シルクロード沿線民間組織協力ネットワークフォーラムが北京で開幕

習近平国家主席は、11月22日に北京で開幕した第1回シルクロード沿線民間組織協力ネットワークフォーラムに祝電を送った。

習主席は祝電で「シルクロード沿線国家・地域における民間組織の協力ネットワークの構築は、各国の民間交流・協力を強化し、民心の通じ合いを促進する重要な措置です。今回のフォーラムの開催をきっかけに、参加代表者たちが民心の通じ合いの促進策を協議し、各国国民の相互理解と友好促進、共同発展の実現、人類運命共同体の構築に貢献できるよう願っています」と期待を寄せた。

そのほか、国連のグテーレス事務総長からの祝電も披露され、エジプトのシャラフ元首相、ルーマニアのポンタ元首相、中国民間組織国際交流促進会(中促会)の孫家正会長が挨拶した。

今年5月に開かれた「一帯一路」国際協力サミットフォーラムの開幕式で、習主席がシルクロード沿線国家・地域における民間組織協力ネットワークの構築を宣言したことを受け、中促会は習主席による重要な演説の精神を着実に実行するため、民間組織協力のネットワーク化を掲げ、「一帯一路」沿線国家・地域における民間組織間の情報交換・行動協調・協力強化のための実効性のあるプラットフォーづくりに取り組んでいる。現在までに、60余りの国・地域から300以上の民間組織がこの協力ネットワークに加入した。(内モンゴル日報11月22日)