12月にウラジオで「日本投資家デー」が初開催

2017年12月06日

エリナのささやき

平昌冬季五輪にロシアが国として参加できなくなったようです。新潟アイスアリーナでの合宿が決まったフィギュア選手たちはどうするでしょうか。▼その新潟アイスアリーナで先週末、車いすカーリングの合宿があり、見学してきました。以前、長岡市でユニバーサルデザインセミナーの講師を務めた鈴木ひとみさんからのお誘いです。来年5月に同会場で開催する全日本選手権に向けての実践形式の合宿は、2日間で5試合とかなりハード。感心しながら見ていたら、スタッフの方から「やってみませんか」と体験することに。車いすカーリングはスイープ無しなので距離感が難しそうなのですが、やってみると方向感覚もずれっぱなし。けど、ボーリング感覚でハマりそう。▼今日の日本海側のニュースは「本県で雪の魅力感じて 訪日客誘致、国のモデル事業に」(東奥日報11月30日)。海外ビジネス情報は、氷点下のウラジオでの「日本投資家デー」の話題など。

海外ビジネス情報

◇12月にウラジオで「日本投資家デー」が初開催

12月18日にウラジオストクで初めての「日本投資家デー」が開催される。貿易経済に関する日ロ政府間委員会会合の結果に従い、アレクサンドル・クルチコフ・ロシア連邦極東開発省次官がこれについて発表した。

「ロシア極東における日ロ投資協力を強化するため、ユーリー・トルトネフ第一副首相兼極東連邦管区大統領全権代表と世耕弘成・日本国経済産業大臣の臨席のもと、『日本投資家デー』が開催される。中国や韓国との同形態の活動は、それがロシア極東で外国人投資家が迅速に動くのに役立つことを示した。我々は日本側に、このような事業を定期的に実施するよう提案した」とクルチコフ次官は述べた。(極東開発省HP 11月27日)

 

◇モンゴルの太陽光発電所にタイ企業が出資

タイのエネルギー系企業会社Sermsang Powerがホシグ峡谷での太陽光発電所(16メガワット)の建設に投資する。

Sermsang Powerは、日本・モンゴルの合弁会社が建設する太陽光発電所の75%を獲得する。Sermsang Powerからの情報によると、同社は、プロジェクト実施中に出資金額が変更される可能性を踏まえたうえで、1700万ドルを投資することにしている。太陽光発電所出資契約は年内に締結されることになっている。発電所は2019年第1四半期の運転開始を予定している。(MONTSAME 11月27日)