中欧班列(長満欧)、感染予防物資を初輸出

2020年04月30日

中国・長春市

海外ビジネス情報

◇中欧班列(長満欧)、感染予防物資を初輸出

4月19日、長春税関管轄下の長春興隆税関は、中央班列(「長満欧(長春―満洲里―欧州)」)が輸出する新型コロナウイルス感染予防物資、医療用防護服12.6万着を初めて通過させた。物資はただちに欧州に向けて出発し、20日前後で到着する見込みだ。

感染の拡大にともない、多くの国々で貨物輸送船に制限措置を加えており、海運企業も輸送コストの増大により、貨物輸送量と航路の削減を行っている。また、空輸での貨物輸送も旅客輸送航路が減少したことによって輸送力が不足している。

華信邦客商貿有限公司の責任者は「欧州の感染状況は深刻なので、私たちはこれらの感染予防物資を緊急に準備した。だが、特殊な時期のため物流が最も重要なポイントであった。中欧班列が最適な方式を提供し、効率よくこの難題を解決してくれた。私たちは引き続き感染予防物資と生活物資を中欧班列で欧州に運ぶつもりだ」という。(吉林日報4月19日)