• /
  • /
  • /
  • 新潟大学阿部副学長(社会連携担当)来所。「新潟地域連携コミュニティ」の設立へ。

新潟大学阿部副学長(社会連携担当)来所。「新潟地域連携コミュニティ」の設立へ。

2020年07月16日

ERINAクロニクル

◇新潟大学阿部副学長(社会連携担当)来所。「新潟地域連携コミュニティ」の設立へ。

7月15日、新潟大学阿部副学長以下4名が来所し、「新潟地域連携コミュニティ」の設立趣旨説明と参加の要請を受けた。

「新潟地域連携コミュニティ」とは、若者雇用・定着、地域人材育成など人口減少対策に取り組む機関の連携の場のことで、ERINAのほか、新潟県内自治体、企業、各種団体、教育機関などが参加する予定で、事務局は新潟大学に設置される。

設立の背景には、人口減少による生産性の低下が懸念されていることがある。

ERINAは参加機関との交流を通じて、地域連携を強化していきたい。

企画・広報部 高井弘明

海外ビジネス情報

◇トヨタ自動車がウランバートル市保健局にハイエースを贈呈

「トヨタ自動車」はこの7年間にわたって国民の祭典「ナーダム」の公式パートナーを務めている。7月8日、ウランバートル市当局の関係者と「トヨタセールス・モンゴリア」の倉橋利郎社長が、「ナーダム2020」の枠組みにおける提携の計画を発表した。

トヨタ自動車はこれまでナーダムのイベントの開催に協力してきた。特に、同社はモンゴル相撲の優勝者に優勝杯とトヨタ車を贈呈し、競馬で上位の子供たちに安全装備を贈呈し、祝日期間中の最新道路情報を提供している。

倉橋社長によれば、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、同社は今年、自動車「ハイエース」を首都ウランバートル市の保健局に贈呈することに決めたのだという。(MONTSAME 7月8日)