新潟空港北東アジア路線活性化実行委員会に出席

2020年07月22日

ERINAクロニクル

◇新潟空港北東アジア路線活性化実行委員会に出席

7月21日、新潟空港北東アジア路線活性化実行委員会総会に出席した。この実行委員会は、新潟空港とハルビン及びロシア極東との航空路線の維持、利用促進を目的に官民挙げて取り組むための枠組みとして、新潟県が中心となり平成22年1月に発足した。ハルビンとの定期路線、ハバロフスク、ウラジオストクとの夏季チャーター路線のインバウンド、アウトバウンド双方の利用拡大に向けて、この実行委員会が旅行代金の補助や集客に向けた情報発信等様々な支援を行っている。新型コロナウイルスが収束し、当該路線が再開された際は、ERINAの主要な活動フィールドに新潟から直接アクセスする路線の維持に向け微力を尽くしたい。

経済交流部 安達祐司

出所:新潟空港ビルディングホームページ

海外ビジネス情報

◇ハバ市で殺人容疑で逮捕された知事を支持するデモ

7月10日に殺人首謀の容疑で逮捕されたセルゲイ・フルガル・ハバロフスク地方知事を支持する無許可のデモに最大で1万2千人が参加したと、同地方内務省が発表している。

ハバロフスク市では11日、フルガル知事を支持する無許可の抗議デモが行われた。

自然発生的な集会の参加者たちは現地時間の正午に、レーニン中央広場に集まった。通常は、軍事パレードや「不滅の連隊」の行進が行われている場所だ。市役所は前日、防疫に必要な作業だとして、広場周辺を金属の柵で囲んだ。ところが、デモの参加者たちは柵を撤去し広場に侵入。その後、デモの行列は、「フルガルに自由を!」というシュプレヒコールをあげながら中央通りを行進した。この際、自動車の通行を止めざるを得なかったが、ドライバーたちは同調の印のクラクションを鳴らした。

ハバロフスク市民はレーニン広場から名誉広場まで行進し、レーニン通りに移動し、また戻って、約4~5キロを移動した。参加者の大部分は若者と中年・高年層の人々で、マスクを着けていなかった。しかも、市内では大規模なイベントの実施が禁止されている。

警察は事態を見守り、一部区間では道路パトロール班の車が行進に随行した。その後、デモはハバロフスク地方政府庁舎の入り口付近で続いた。この無許可の抗議デモは4時間余り続き、事件や逮捕者は出なかった。

なお、ハバロフスクでは7月11日以降、6日連続(7月16日現在)でフルガル知事支持のデモが行われている。

フルガル氏側のボリス・コジェミャキン弁護士は、拘留中の知事は、ハバロフスク市民が無許可のデモに参加するのをよしとしていないが、同時に、応援に感謝している、と話している。(インターファクス 7月11日、EastRussia 7月16日)

 

◇トルトネフ副首相がハバ地方政府の現状をチェック

ユーリー・トルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表が、セルゲイ・フルガル知事逮捕後の同地方政府の機能状況を確認するため、ハバロフスク入りした。

「ハバロフスク地方政府が業務を続け、人々にとって必要なすべての行政機能を果たしているか確認しに来た。ハバロフスク地方指導部、副知事、同僚らと会い、この件について話し合った。住民が何の不自由も感じないよう、すべてがしかるべく機能するように要請した」と、トルトネフ副首相は13日、ハバロフスク市内で報道陣に述べた。

副首相はまた、上層部の人事異動があれば、選出された知事が自ら人選すると述べた。現在のハバロフスク地方指導部は上手く活動を組織できていないと、トルトネフ副首相は考えている。

トルトネフ副首相は、投資家はハバロフスク地方に行かず、公的資金が拠出された施設の建設工事は止まっていると指摘。「投資家は(ハバロフスク地方に)向かわない。しかもこれはただの統計でも、ただの数字でもない。官僚の対応や契約金の未払いにかかわる投資家たちからの膨大な陳情が私のところに届いている。私がそれらに対応している」とトルトネフ副首相は話した。

副首相はさらに「そもそも私にとってこれは常に、災害警報なのだ。なぜなら、行政がこのように働くことはあり得ないからだ。残念ながら、ハバロフスク地方ではそれが非常に頻繁に起きている」と述べた。

副首相によれば、コムソモリスク・ナ・アムーレ市のがん診断センター、ハバロフスク市のサンボ宮殿、コムソモリスク・ナ・アムーレ市とニコラエフスク・ナ・アムーレ市の病院の建設費として、連邦政府はハバロフスク地方に数十億ルーブルを拠出したが、「何も建てられていない。何一つとして」と副首相はコメントした。

副首相はさらに、ハバロフスク地方の新型コロナウイルス対策にも不満だ。「ハバロフスク地方では(ロ極東で)感染者数が最多で、病床の確保の状況もあまりよくない」と副首相は述べた。

ハバロフスク地方保健省のデータによると、7月13日朝の時点で、新型コロナウイルスの感染者数は5311人。直近の過去3日間で297人増加。死亡者は42人。回復した住民は2649人となっている。(インターファクス 7月13日)