沿海地方に初めて中国車カーサロンがオープン

2021年04月07日

ウラジオストク

海外ビジネス情報

◇沿海地方に初めて中国車カーサロンがオープン

UssurMediaの報道によると、中国の自動車メーカーのなかで奇瑞汽車(チェリー自動車)がはじめてロシア極東(ウラジオストク市)にカーサロンをオープンした。同社は2月の販売成績でロシア市場のトップ15にランクインした。現在、このカーサロンでは2タイプの中国製クロスオーバー車が販売されている。

ウラジオストク市の奇端の公式ディラーセンターはマコフスキー通りにある。PrimaMediaの情報によると、センターのスタッフの一部はこれまでに現地のBMWのサロンで働いていた。そして、このセンターの工場では当面、中国人スタッフが対応する。

奇端カーサロンでは現在、Tiggo 4とTiggo 7 Pro(ロシアでは2020年9月10日に発表)の2車種の試乗ができる。前者はガソリンエンジンとトランスミッションを各3種類から選ぶことができ、後者は排気量1500cc(147馬力)のガソリンターボエンジンを備えている。

ロシア国内のTiggo 4の価格は99万9900ルーブルから。Tiggo 7 Proは135万9900ルーブルから、となっている。(UssurMedia 3月25日)