ロシア鉄道が丸紅との医療プロジェクトをロシア全土で展開

2021年06月16日

サンクトペテルブルク

海外ビジネス情報

◇ロシア鉄道が丸紅との医療プロジェクトをロシア全土で展開

ロシア鉄道は日本の丸紅とのスタートアップ事業として、ロシア全土に予防医療拠点を設置する方針だ。サンクトペテルブルク国際経済フォーラムの日ロビジネス対話の中で、ロシア鉄道のセルゲイ・パブロフ副社長がこのように述べた。

「我々はこの新事業によってロシア国内の鉄道沿線に同様の医療拠点を整備していくつもりだ」と副社長は述べた。

ロシア鉄道と日本の丸紅はこれまでに、ハバロフスク市の民間医療機関RZDメディツィナ病院内に日ロ予防医療・診断センターを開設することで合意している。プロジェクト投資金額は10億ルーブルで、合弁企業を設立している。(タス通信 6月5日)