バイカル・アムール鉄道(BAM)の複線化工事が始まる

2021年06月23日

サンクトペテルブルク

海外ビジネス情報

◇バイカル・アムール鉄道(BAM)の複線化工事が始まる

ブリャート共和国のアレクセイ・ツィデノフ首長がサンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、バイカル・アムール鉄道(BAM)の複線化工事がブリャートで始まったことをタス通信のインタビューで語った。

「ブリャートでBAMの複線化工事が始まった。工期は合意済みで、3つの集落(キチェラ、ニジニアンガルスク、セベロバイカルスク)周辺で工事が進められている。そこでは線路の敷設と、駅の整備が行われており、工期や作業量及びすべての環境基準について合意済みだ。環境オブザーバーチームが特別に設置され、あらゆる環境規格が満たされているか監視している」とツィデノフ首長は述べた。

ツィデノフ首長によれば、工事には現地の専門的労働者が集められたが、技能人材が不足しているという。

BAMとシベリア横断鉄道の近代化はロシア鉄道の2025年までの長期開発計画の一部だ。ロシア政府はこの計画を2019年3月に承認した。その主な課題に、モビリティの向上、高速鉄道網の拡張、鉄道の高速化とインフラ整備、保有鉄道車両の更新がある。(タス通信6月3日)