第2バイカル・トンネルが開通

2021年08月19日

サンクトペテルブルク

海外ビジネス情報

◇第2バイカル・トンネルが開通

プーチン大統領は7月28日、第2バイカル・トンネルの開通式にリモート出席した。開通式には、作業員、技術者、ロシア鉄道、工事を請け負った「USK Most」グループの関係者も出席した。

大統領は、第2バイカル・トンネルの開通により、バイカル・アムール鉄道(BAM)の輸送力は大幅にアップし、経済界にとって新たな可能性を開くであろうと述べた。

BAMとシベリア鉄道の拡張近代化事業の課題は、アジア圏における世界経済の発展にとって戦略的性格を帯びている、と大統領は指摘。第2バイカル・トンネルの建設にかかわった技術者、専門家らに謝意を表明した。大統領は、このトンネルの開通はシベリアおよびロシア極東の全地域の経済・社会発展の一層の起爆剤になるであろうと述べた。

この第2トンネルはバイカル山脈を貫き、西はイルクーツク州と東のブリャートを結ぶ。複雑な地質条件下で、約7キロのトンネルが開通した。掘削の進度は月当たり300メートル、トンネルの深度は300メートルに及んだ。着工は2014年であった。2018年3月には大統領のリモート参加で東西の貫通式が行われた。

1985年に開通済みの既存のトンネルはBAMの中で最大のボトルネックの一つだ。新しいトンネルは1本目から35メートル離れており、この開通によってこの区間は複線となり、鉄道の輸送力を数倍にすることが可能だ。(タス通信 7月28日)