地方の酸素濃縮器の供給に国から6億5千万ルーブル

2021年09月08日

イルクーツク

海外ビジネス情報

◇地方の酸素濃縮器の供給に国から6億5千万ルーブル

ミハイル・ミシュスチン首相は地方への酸素濃縮器の供給に6億5千万ルーブル余りを拠出する。これらは新型コロナ患者の治療の際に、病院で使われている。

この資金を受け取るのは、この医療機器を特に必要とする20の連邦構成主体だ。それはアルタイ地方、アムール州、アルハンゲリスク州、イルクーツク州、キーロフ州、北オセチア共和国、ハカス共和国、カルムイク共和国、コミ共和国、ダゲスタン共和国などだ。

「十分な酸素の備蓄を維持することが重要。地方当局は需要の計画を立て、設備の状態を管理しなければならない。人々の命はそれにかかっているのだから」と首相は23日、副首相との会議で述べた。(ロシースカヤ・ガゼータ 8月24日)