米電池大手がカムチャツカの使用済み電池をリサイクル

2021年09月16日

2019東邦経済フォーラム

海外ビジネス情報

◇米電池大手がカムチャツカの使用済み電池をリサイクル

アメリカの大手電池メーカー「デュラセル」によるカムチャツカから使用済み電池の搬出が、東方経済フォーラムで合意されたことを、カムチャツカ地方のウラジミル・ソロドフ知事がテレグラムチャンネルで発表した。

「半島からの使用済み電池の搬出についてデュラセル社と合意した。デュラセル社は、輸送とリサイクルの費用を負担し、電池回収用コンテナの設置でも協力してくれる。特に、学校をこのエコアクションに取り込んでいきたい」とソロドフ知事は書いている。

カムチャツカでは使用済み電池用のエコボックスが設置されているが、この地方での電池のリサイクルの数量は限定的だ。(タス通信 9月2日)