ロモが国会議員の協力メカニズムを構築

2021年09月28日

ウランバートル

海外ビジネス情報

◇ロモが国会議員の協力メカニズムを構築

9月8日、ウィーンで開催されている第5回世界議長会議に出席しているザンダンシャタル国会議長はロシア連邦会議連邦院(上院)のコサチョフ副議長と面会し、モンゴルとロシアの包括的戦略的パートナーシップの枠内での交流の拡大強化に満足の意を表明した。両国の国交樹立百年の歴史的意義を指摘し、今年、ハイレベルの相互訪問を実施して国会同士の交流メカニズムを構築し、このメカニズムの枠内で近く最初の会合を開くことの重要性を強調した。

双方はさらに、二国間およびその他の協力について意見交換し、国際安全保障と地域安全保障についても言及した。(MONTSAME 9月9日)

 

◇韓モが戦略的パートナーに

9月10日、モンゴルのフレルスフ大統領は韓国の文在寅大統領とオンラインで会談した。

両大統領は、国交樹立以来、モンゴルと韓国の協力関係は拡大を続け、両国関係の深化が平和と持続的開発を強化するうえで重要な役割を担っているとし、両国関係を「戦略的パートナーシップ」に移行させることで合意の上、共同声明を採択した。

共同声明では、「政治・安全保障」、「経済・貿易・投資」、「教育・科学技術・環境・ヘルスケア」、「文化・観光・人的交流」、「地域・国際協力」の5分野で協力を拡大強化するとした。

「政治・安全保障」
両首脳は、両国関係の法整備を強化するために立法機関の交流の重要性を強調、政府間共同委員会や外務省間の協議などの対話のメカニズムを今後も強化し、実質的経済交流を維持していくことで合意。

「経済・貿易・投資」
両首脳は経済の促進、投資の拡大、貿易障壁の軽減のための法整備を今後強化していく必要性を強調。モンゴルのアジア太平洋貿易協定(APTA)加盟によって、より好適な貿易条件が整ったとし、共同調査結果に基づく自由貿易協定(FTA)交渉の開始に向けて努力することで合意。

「教育・科学技術・環境・ヘルスケア」
両首脳は環境保護、クリーン開発、観光、文化、芸術、文化産業の分野での協力の強化について合意。奨学金プログラムの継続、青年交流の支援、体育・スポーツ・教育・科学技術・IT・人的交流・韓国のモンゴル研究とモンゴルの韓国研究の進展に合意した。

「文化・観光・人的交流」
両首脳は、友好と相互理解の強化のための国民の交流を拡大し、双方の国内に居住し働く両国民の利益を保護するための協力を継続し、居住・労働環境を整備し、コロナ禍での最大限の支援を提供することで合意。

「地域・国際協力」
両首脳は、北東アジアの平和と安全の維持を目的とし朝鮮半島の安定を確保することの重要性を強調、世界と地域の活動の場で緊密な協力を継続することで合意。さらに、「北東アジア安全保障に関するウランバートル対話」と、韓国大統領が提案した韓国大統領が主導する「伝染病闘争と健康維持での北東アジア協力イニシアチブ」に、互いに賛同することを明言した。(MONTSAME 9月13日)

 

◇ドイツ貯蓄銀行がモンゴルに設備を提供

二者協力の枠内でドイツの貯蓄銀行国際支援基金がモンゴル銀行協会に機材・設備を提供した。

譲渡式がウランバートル市内のモンゴル銀行協会の建物で行われ、モンゴル銀行協会のアマル会長、貯蓄銀行基金モンゴル常駐代表が設備譲渡証明書に署名した。

貯蓄銀行国際支援基金は2016年からモンゴルで支援プロジェクトを推進しており、その枠内で、モンゴル銀行協会との緊密な連携を維持しつつ、モンゴルの銀行部門の人材の教育及びスキルアップに係る一連のプロジェクトやプログラムが推進されている。(MONTSAME 9月17日)