ウラジオ国際空港が電子ビザ通用検問所リストに追加

2021年09月29日

ウラジオストク

海外ビジネス情報

◇ウラジオ国際空港が電子ビザ通用検問所リストに追加

ウラジオストク国際空港が電子ビザによるロシア入国検問所リストに加えられたことを発表した。これに関するロシア政府決定は2021年9月3日に署名された。この決定により、ウラジオストク空港経由での外国人のロシア入国が簡素化される。

2021年より、電子ビザは公用ビザ、トランジットビザ、通常のビザ、短期滞在者用ビザと並んで、単独のカテゴリーとなった。外国人観光客は、外務省の専用ウェブサイトかスマホアプリで事前に手続きをし、電子ビザでウラジオストク空港に行くことができる。

ウラジオストク自由港圏内の電子ビザ制度は2017年8月に施行。外国人観光客は空港、海港、鉄道の検問所を、ネットで手続した電子ビザで通過することができた。2019年8月29日にはウラジオストク国際空港は、ウラジオストクを訪問するために電子ビザを取得した10万人目の観光客を迎えた。(ウラジオストク国際空港 9月8日)