モンゴルが核禁止条約を批准

2021年11月09日

ウランバートル

海外ビジネス情報

◇モンゴルが核禁止条約を批准

モンゴルの国会は10月22日の本会議で核兵器禁止条約を批准した。

核兵器禁止条約批准法案はバトツェツェグ外相によって総会に提出された。1992年第47回国連総会でモンゴルは、政治的・外交的手段による国の安全保障の確保の枠内で、一国非核を宣言し、承認された。モンゴルは核拡散防止条約を1969年に、包括的核実験禁止条約を1997年に批准している。

バトツェツェグ外相によれば、モンゴルの核兵器禁止条約の批准は、核軍縮・不拡散の分野におけるモンゴルの地位の強化と、この分野の交渉・国際会議・イベントへの積極的参加にとって重要だ。(MONTSAME 10月25日)

 

◇モンゴル文化相と北朝鮮大使が意見交換

モンゴル・北朝鮮政府間協議委員会のモンゴル側議長のノミン文化大臣が10月25日、北朝鮮のオ・シンホ駐モンゴル大使、ハン・チョルミン顧問、ハン・チョンギュ経済・貿易問題顧問と面会した。

この面談で両国の協力・交流の拡大について意見が交換された。オ・シンホ大使は特に、モンゴル・北朝鮮経済貿易協議委員会の会合の開催について話し合い、パンデミックが収まり次第ウランバートルで定例会合を開催することを提案した。(MONTSAME 10月26日)