遼寧省1-2月の国外貿易輸出額17.8%増

2022年03月28日

瀋陽

海外ビジネス情報

◇遼寧省1-2月の国外貿易輸出額17.8%増

瀋陽税関の統計によると、今年の1-2月の2カ月間、遼寧省の貨物貿易の輸出入総額は1千213.9億元となり、前年同期(以下同じ)に比べ、8.4%増加した。そのうち、輸出額は526.1億元、17.8%増、輸入額は687.8億元で2.1%増である。

今年の1-2月、遼寧省の国外貿易は、一般貿易の輸出入額は877億元で17%増、同時期における省内の輸出入総額の72.2%を占めた。

企業別では、民営企業の輸出入が飛躍的に伸びており、全体に占める割合も増加している。1-2月の省内の民営企業の輸出入額は530.8億元、18.5%増で総額の43.7%を占め、外資系企業の輸出入額は454.7億元で0.5%増、総額に占める割合は37.5%となった。国有企業の輸出入額は226.1億元で3.4%増、総額に占める割合は18.6%である。

貿易相手国は遼寧省ではEU、日本、米国、韓国、ASEANなど主な貿易相手国との貿易が伸びている。そのほか、「一帯一路」の沿線国やRCEPの貿易相手国との貿易も良好に維持している。

輸出は、電気機械製品と軽工業品など労働集約型製品が伸び続けている。電気機械製品の輸出額は260.2億元、前年同期比8.5%増で、労働集約型製品の輸出額は57.6億元で、31.3%増だった。

輸入をみると、電気機械製品と原油が主な輸入品であり、全省輸入総額の54.6%を占める。農産品輸入額は62.1億元で、前年同期比42.6%増だった。(遼寧日報 3月13日)