新潟東港コンテナターミナル視察

2022年04月28日

ERINAクロニクル

◇新潟東港コンテナターミナル視察

4月27日(水)にERINA職員新潟東港コンテナターミナル視察を実施しました。新潟東港コンテナターミナルの運営会社である新潟国際貿易ターミナル(N-WTT)にお邪魔して新潟東港コンテナターミナルの概要について説明していただき、施設を見学させていただきました。コンテナ取扱量が日本海側で最も多く日本海側最大の国際コンテナターミナルの新潟港は、植物防疫のための燻蒸庫が設置され、雪に対しての優れた取り組みなどを実施していました。雪でクローズすることもほとんどないそうです。

新潟のことをあらためて知り、考える機会となりました。新潟は雪が降ります。消雪パイプを設置して雪を融雪し、スノードロッパーの下をトレーラーが走ることで雪を落とすなど雪国ならではの仕組みです。雪はお日さまが力の発揮し、温かくなって融けてしまえばただの水・・・

東南アジアへの航路開拓に日本海側港湾の協力が必要そうです。ERINAの出番でしょうか。新潟港を初めて視察した研究員のアイディアに期待です。

企画・広報部 新保史恵