上海万博で青森県ウイーク開催 来年7月6日から6日間

2009年12月15日

エリナのささやき

近況を報告するのも年賀状の一つの役割ですよね。エリナちゃんの場合、一昨年の写真はウィーン郊外ワイン村、昨年の寒中見舞いは新居のお知らせ、2010年初春の年賀状は、いろいろ迷って、パリにしました。“みずっち”や“大地”もあったのですが。▼タイガー・ウッズの場合は、とんでもない近況になってしまいました。賞金だけで年間10億円も稼げば、断りきれない誘いもあるのでしょう。2桁の愛人、というのは、けしからんような、仕方ないような。…いや、断固、けしからんに決まっています。▼写真は、西オーストラリア。朝の散歩の途中にゴルフ場がある街って、やっぱうらやましい。

年賀状に写真 っていいですね 

地域ビジネス前線

◇上海万博で青森県ウイーク開催 来年7月6日から6日間
東奥日報社と青森銀行、みちのく銀行、県などは2010年7月6日から11日までの6日間、中国・上海万国博覧会で「青森県ウイーク」を開く計画だ。本県が誇る豊かな農林水産物や美しい自然、伝統文化など青森の魅力を世界にアピールし、本県活性化を目指す。今月14日、県内の各団体・企業が実行委員会を設立し、正式に始動する。
上海万博は来年5月1日から10月31日までの184日間、上海市で開催。240を超す国・国際機関が出展するほか、民間企業展示館が18館出展する。青森県ウイークは、企業展示館の日本産業館で開く。(東奥日報12月8日付より)