金沢のNPO法人 中国での植林に助成金

2009年12月18日

エリナのささやき

朝、出勤時に限って雪が降る。あまりの大雪に、山の方はもっと凄いだろうと、しばしば眺める松代・松之山の写真ブログ「日本の原風景」(http://blog.livedoor.jp/matunoyma_sato/)を訪ねると、意外にたいしたことはない。里雪だったのですね。それにしても、いつ見ても素晴らしい写真ばかりで、感嘆! ▼今年の大地の芸術祭・松代から(↓)。トンボ・鉛筆。トンボ鉛筆、削った世代ですか。

棚田・・美しい・・ですね

地域ビジネス前線

◇金沢のNPO法人 中国での植林に助成金
金沢市の特定非営利活動法人(NPO法人)「世界の砂漠を緑で包む会」が2010年春から中国で取り組む植林活動が、日中緑化交流基金の助成を受ける。内モンゴル自治区アラシャン盟(県)ジランタン地区の砂漠化防止と、天津市大港区の防護林整備の二つ。アラシャン盟バロンベリーの活動には国際協力機構(JICA)の支援も決まっており、大沢俊夫会長は「実績が認められた形で、先行事例以外の地域にも拡大して環境保全に努めていく」と意欲を見せる。
助成はジランタン地区に700万円、天津市に600万円。(北陸中日新聞12月12日付より)