ヨシムラ、北陸逸品モール開設 アジア最大サイトに進出(福井)

2009年12月22日

エリナのささやき

ウィーン放送管弦楽団(RSO)が今年に続いて2010年3月にやって来ます。またもベートーヴェンの交響曲5番ですが(あらま)、今度は首席指揮者のベルトラン・ド・ビリーが一緒なので、期待しましょう。RSOは今年、財政難から存続の危機に陥り、エリナちゃんも存続を願うネット署名したのは記憶に新しいところ。日本公演を赤字にするわけにはいきませんしね。▼この件がその後どうなったか調べてみると、母体のオーストリア放送協会が自己負担していた免除分視聴料を政府が協会に返還し、その収入がRSOの維持費にも回ることになった模様。どうやら大丈夫。▼それになんと、ナント、4月29日、5月1日は「ラ・フォル・ジュルネ」イン新潟もある!…予算、議会を通ってないけれど。それにしても、どうして日本では演奏前後の場内の写真撮影も許されないのでしょうね。

ホームページはまだできてない?>ラ・フォル・ジュルネイン新潟

地域ビジネス前線

◇ヨシムラ、北陸逸品モール開設 アジア最大サイトに進出(福井)
雑貨企画販売のヨシムラ(本社鯖江市、吉村雅喜社長)はこのほど、中国の電子商取引大手アリババグループが運営するアジア最大のショッピングサイトに、北陸の企業の商品を扱うコーナーを開設した。同社は日本円での決済など販売実務のほとんどを代行し、県内企業などの中国“進出”を支援する。
アリババグループが運営するショッピングサイト「淘宝網(タオバオ)」は会員数が1億人を超え、2008年の売り上げは国内最大の楽天を大きく上回る1兆4,500億円。ヨシムラは11月5日、タオバオ内に「北陸逸品モール」と銘打った共同出展コーナーを開設。同社を含む県内10社が参加し、眼鏡枠、木工品、アクセサリー、下着など500点程度を販売している。(福井新聞12月17日付より)